ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

低重心のドライバーとシャローバック、ディープバックについて

ドライバーを選ぶ時に大事にしたいポイントの1つが重心だと思います。

一般的には低重心、つまり重心の位置が低いドライバーはボールが上がりやすくなります。やさしいドライバーをお探しの場合は、低重心のドライバーの方がよいのかも知れません。

今回はその重心に関係してくるシャローバック、ディープバック・・・というものについて簡単にご紹介させていただきたいと思います。

ゴルフショップなどでドライバーを手に取った時、どうやったらすぐにそのドライバーが低重心なのか、そうでないのかを見極めることができるか・・・?

・・・といったことについても、書かせていただきたいと思います。

ドライバーの選び方については、ドライバーの選び方と11の方法で詳しくご紹介しておりますので、そちらもよろしければ、参考になさってください。

シャローバックとディープバック

シャローバック、ディープバックなどと言いますが、これはドライバーのフェースの後ろ側、もしくはバックフェースの部分の形状のことを言っています。

フェースの後ろ側が低くなっているものをシャローバック、高くなっているものをディープバックもしくはハイバックなどと呼ぶことがあります。

簡単に言ってしまうと・・・、

シャローバック・・・低重心になりやすく、ボールが高く上がりやすい
ディープバック・・・重心は高くなりがちで、強い弾道のボール(ボールが上がり過ぎない)が打ちやすい

シャローバックは優しいドライバーということになり、ディープバックは上級者やヘッドスピードが速く、弾道の高さを抑えたい方向け・・・ということになると思います。

ですので、低重心のドライバーをお探しの場合は、フェースの後ろ側の形状を確認することで、そのドライバーが低重心なのかそうでないのかがある程度わかります。

上級者の方やヘッドスピードが速く、ドライバーショットの弾道の高さを少し抑えたい・・・という方には、シャローバックよりはむしろ、ディープバック(ハイバック)の方がよいのかも知れません。

勿論、重心の位置はそれだけで決まるわけではありませんし、ドライバーの打ちやすさを決めるのは重心だけではないのですが、1つの目安にはなるのかなと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。