ホーム > 上級編 >
上級編

フェードボールが右に曲がり過ぎる時は

フェードボールの打ち方については、フェードボールの簡単な打ち方と3つのコツでご紹介させていただきましたので、簡単にご紹介すると・・・

基本的にはボールを打ち出したいラインを目標の左に定めて、両足、両肩はその打ち出しラインに対してスクウェアに、ただ、クラブフェースは最終的にボールを落としたい目標に対してスクウェアにした上でグリップを握ります。(フェースを開いてから、握り直すような形です)

・・・理論上はこれで打ち出しラインにボールが飛び出して、右に曲がって、最終的な目標地点に落ちる・・・はず・・・なのですが、ボールが右に曲がり過ぎてしまう・・・というミスもあります。

スクウェアに構えているつもりでも開いていることもある

こんな風にして、フェードボールが自分が思っているよりも右に曲がり過ぎてしまうことが殆ど・・・というケースではどうしたらいいのでしょうか・・・?

先程、フェースは目標に向けて構える・・・とお伝えしましたが、フェースというのはリーディングエッジが目標に対してスクウェア(垂直)になるように構える方が多いと思います。

ただ、このようにしてフェースをスクウェアにして構えているつもりでも、実際はフェースが開いていることがある・・・そう指摘される専門家の方もいます。

開いているといっても、本当にほんの少し・・・なのかも知れませんが・・・自分がスクウェアだと思っているものがスクウェアではない・・・ということは実はよくあると思うんです。

例えば・・・フェード打ちの方がスクウェアに構えているつもりで、実際にはフェースが少し開いていた・・・・とか、ドローヒッターの方がスクウェアだと思っていたフェースは実は少しかぶっていた・・・とか。

そういったことはよくあったりします。

フェードボールが右に曲がり過ぎてしまう・・・というお話に戻りますが、これは色々な原因があると思いますが、その1つは、アドレスの時点でフェース(の向き)が少し開いていること・・・が原因である場合もあるようです。

この場合は、最終的な目標に対してスクウェアではなくて・・・少しだけかぶっている(目標よりも若干左を向いている)意識で構え直してみるのも1つの方法かなと思います。

ややかぶっている感覚で構えた方が強いフェードボールになることもありますので。

その辺は試行錯誤してみる価値はあると僕は思ってます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。