ホーム > 上級編 >
上級編

アイアンはネック側から入れるイメージだとダウンブローで打てる

アイアンは若干・・・ネック側から入れるイメージだとダウンブローで打てる・・・こともある・・・ということで今回は書かせていただきたいと思います。

・・・こともある・・・と書かせていただいたのは、例えば、スライスを直そうとされている方がこの方法で打とうとすると、シャンクしてしまう、もしくはスライスが余計ひどくなることがありますので・・。

ただ、フッカーの方ですとか、日頃からドローボール、フェードボールを打ち分けていらっしゃる方にとっては、この方法で打つことで強いボール、つかまったボールと言いましょうか、そんなものが打てることがあるかも知れません。

自然とダウンブローで打てる

あくまでもアイアン、それも、ミドルアイアン位までの話ですが、1つの方法として、若干ネック側からボールをフェースに乗せてゆくと言いましょうか、ネック側からヘッドを入れてゆくイメージで打つことでダウンブローでボールを打ちやすくなることがあります。

プロなどは、このような形で打つ人もいます。

ダウンブローでボールを打ってゆくということは、若干上からボールをとらえてゆくわけですが・・・この形で打つには、例えば、フェースのトゥ側で打つイメージだとなかなか難しい・・・です。

ところが、ネック側からクラブ、もしくはフェースをボールに対して入れてゆくイメージだと、ヘッドが自然とやや上から降りてきやすい・・・です。

あくまでもほんの少し(せいぜい数センチ程度でしょうか・・・もしくは実際にはフェースの真ん中で打っていても自分の意識の中ではネック側から入っている感覚)ということですが・・・

ネック側から入ることを意識した方がアイアンはボールがつかまる・・・そう感じる人はプロの中にもいますので、1つのイメージとして・・・試してみて、もし強いボールが打てるようであれば、この方法を取り入れてみるのもよいかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。