ホーム > 上級編 >
上級編

フェードボールを打つ練習をする時は練習場の右端で打つ

前回はフェードボールを打つ時のボールの位置は?で、フェードボールを打つ際のボールの位置についてご紹介しました。

今回はフェードボールの練習をする際のポイントについて少しご紹介したいと思います。

練習場の右端から

フェードボールを打つ時のボールの位置は?で藤田寛之プロのボールの位置についてご紹介しました。

その藤田寛之プロはフェードボールの練習をする際、練習場の右端から打った方がいいと語られています。(右利きの方の場合)

練習場の右端から中央に向かって打ち出し、10ヤード右にもう一つの目標を作って、そこにボールが落ちるように打ってみます。

これは実際にコースに出た際も使えるショットで、よいシミュレーションになると藤田プロは自身の著書の中で語られています。

ただ、もし、スライスを打っている方がフェードボールを打とうとする場合は、練習場の右端は避けた方がいいかも知れません。

右端に立ってみると、すぐ右にはネットがあるわけで、どうしても左に打ち出したくなります。

これはフェード打ちの練習にはいいのですが、スライサーの方がこれをやってしまうとアウトサイド・インのスイングになりがちであまりおすすめできません・・

ただ、普段はストレート系のショットか、ドローボールを打っている方であれば、フェードボールの練習のために、あえて練習場の右端から打ってみてもいいかも知れません。

ちなみに、ドローボールの練習をしたい時、特にスライサーの方がドローボールを練習したいという時は、練習場の左端の打席から打ってみるのがおすすめです。(右利きの方の場合)

左端の打席に立つと、すぐ左はネットですので、無意識の間にボールを左に打ち出さないようなスイング、つまり、ややインサイド・アウトのスイングになりやすく、それがドローボールの練習には向いています。

スライサーの方がインサイド・アウトで振ると、スライスが悪化しますが、最初はそれでも構いません。(インサイドアウトに振ろうとしたらスライスが出た

いくら右に曲げてもいいので、ボールをまずターゲットかそれよりも右に打ち出す練習をします。

その後にフェースの向きを調節してゆきますが、これについてはスライスの直し方編ドローボールの打ち方にて詳しくご紹介しておりますので、よかったらそちらを参考になさってください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。