ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

アドレスの姿勢と猫背:猫背はゴルフスイングを制限する

猫背だと、バックスイングで体を回転させることが難しくなります。

例えば、真っ直ぐに立ってみます。背筋は伸ばしてください。

そして、右側へと体をターンさせてみます。次に真っ直ぐに立って、今度は背中を丸めてみます。その状態で体を右へとターンさせて見てください。

きっと最初にやったよりも回転できなかったと思います。

これをゴルフのバックスイングに当てはめてみると、背中を丸めて構えることでバックスイングが制限されることになります

しかし、このようにして猫背で構えているゴルファーはかなり多くいらっしゃるようです。そういった方々はバックスイングが小さくなりがちです。

また、猫背に構えていることの問題点はまだあります。

猫背のままバックスイング中に体重を右足に移そうとすると、上体が起き上がりやすくなります。

この体が伸び上がった際にフェースが開きやすいというのが問題点です。ですから、猫背の方にはスライサーが多いのだと思います。

また、伸び上がって、また沈み込むようなスイングになりますので、インパクトが安定しなくなりますし、トップやダフリの原因にもなります。

長年このやり方でやってきた方はタイミングも合うようになっているかも知れませんが、飛距離は犠牲にしていることになります。

ただし、年配の方で背中がどうしても曲がるという方は無理に背筋を伸ばす必要はありません。この場合は違う方法で飛距離を伸ばすこともできます。

その方法については、体力の衰えを感じても若い頃の飛距離を維持する6つの方法をよろしければ参考にしてみてください。

正しい構え方

猫背ではなく、背筋を伸ばして構えるには、簡単にできる正しいアドレスの姿勢(ポスチャー)の作り方・構え方のおさらいになりますが、真っ直ぐに立って背筋を伸ばします。

この時、顔は正面を向いてください。
この段階ですでに背中が丸まっている方もいらっしゃいますので。

その原因は真っ直ぐ立った時に下を見ているからだと思うんです。あごを下げているような形ですね。このまま前傾すると、猫背になります。

ですから、真っ直ぐ正面を見て立つところからはじめてみてください。

次に背中などは曲げずに、足の付け根から上体を曲げます。

この足の付け根から曲げる・・・というのが重要になってきます。

僕もよく足の付け根に手を当てて、そこから前傾姿勢を作る練習をしています。猫背の方は腰から曲げようとしている方が多いのですが、これだと背中が丸まりやすくなります。

前傾姿勢を作ったら、両手をぶらんとさせて、膝を軽く曲げます。

背中が曲がっていないということは軸がしっかりとしているということになりますので、バックスイングそのものも安定してきますし、何度スイングしても大丈夫、リピートしやすいスイングが作れるようになると思います。

やや下目使いでボールを見る

ボールを凝視してしまって、顔が下を向いているような方もいらっしゃいますが、顔が下を向き過ぎてしまうと、必然的に猫背になります。

猫背になって、顔が下を向くと、顎がアドレスで下がります。

バックスイングでは顎の下に左肩を入れてゆくような形になりますが、その顎が下がっていたのではバックスイングも制限されてしまうことになります。

だから、猫背は飛ばない・・・ということになります。

ですので、アドレスではやや下目使いでボールを見て、顎を上げるようにすると、バックスイングも大きくなります。

じゃあ、どの程度下目使いにしたらいいか・・・ということになると思いますが、それは結構簡単にわかります。

そのためには上記でやったように、1)まず正面を向いて真っ直ぐに立ちます。この時にすでに下を向いていると・・・猫背になりますので、真正面を向いて真っ直ぐに背筋を伸ばして立ちます。

2)次に背中を曲げずに、足の付け根から上体を前傾させてゆきます。3)、前傾させたら、膝を軽く曲げます。

4)次に両手(両腕)をぶらりと垂らします。そしたら、右手が下になる分だけ、右肩を下げます。この状態でグリップを握ります。

こうやってアドレスした時、この手順の途中で顔を下に向けたりしないでいれば、やや下目使いでボールを見る形になるかと思います。

5)最後に確認をします。顔の向きなどを一切変えずに、今度は前傾をやめて、真っ直ぐに立ちます。前傾をほどいていって、真っ直ぐに足った時、右肩が下がっていると思いますので、右肩を上げます。

この状態で顔が真正面を向いていたら、ちゃんとアドレスできていた証拠、猫背になっていない証拠です。

この状態で顔が下を向いていたら、どこかで下を向いてしまったり、顎を下げてしまったのだと思いますので、最初からやり直してみます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。