ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

右手と左手のグリッププレッシャーと球筋の変化

グリップの握り方でボールをコントロールするではグリップの圧力(握る強さ)を変えると、ドローボールが打ちやすくなる・・・というお話をご紹介しました。

トム・ワトソンは左手の3本指(小指から中指)をいつもよりもきつめに握ることで強いフェードボールを打ったといいます。

このように、グリップを握る強さを変えてみると球筋も変わるようになります。

基本的なルートとして覚えておくといいことは・・・

1.右手のグリップをゆるめに握る → フェードが打ちやすい
2.左手のグリップをゆるめに握る → ドローボールが打ちやすい

この効果を実感するには普段からグリップはゆるめに握るといいのかも知れません。殆どの方はグリップを強く握りすぎているように思います。

グリップの握り方についてはゴルフ基礎編で色々とご紹介していますのでそちらも参考にしていただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。