ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

クラブフェースの向きとスライス、フック

フックやスライスの直接的な原因はインパクトでのフェースの向きです。

これは今までに少しご紹介してきたことですが、フェースの向きをインパクトで全く意識できない・・・という場合は他のものに意識を向けることで、フェースをコントロールする感覚が身につくケースもあります。

例えば、腕時計です。腕時計というのはアドレスの際はおよそターゲット方向を向いていると思います。

スライスが出る時は、インパクトでこの腕時計(の文字盤)がターゲットよりも右、もしくは空を向いている状態になっているはずです。

フックの場合は腕時計(文字盤)がターゲットよりも左もしくは地面を向いている状態でインパクトしているはずです。

ストレートショットの際はインパクトでこの腕時計がおよそターゲット方向を指しているはずです。

ですから、スライスを打っている方はインパクトで腕時計が少し地面を向いている意識で、フックの場合はターゲット方向か少し空を向いている意識でショットを打ってみるとよいと思います。

腕時計であれば、フェースそのものよりも意識しやすいと思います。

慣れてきたら、今度はフェースに意識を向けてみるといいのではないかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。