ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

ゴルフスイング中の左腕:ドローボールを打つ人とフェードを打つ人の違い

ゴルフスイング中は左腕を真っ直ぐに伸ばした方がいい・・そう思われている方もいらっしゃるかも知れません。

この左腕を伸ばした方いいか、伸ばさなくてもいいか・・・についてはバックスイングで左腕(肘)は伸ばすべきかで詳しくご紹介していますので、よろしければ、参考になさってください。

今回はドローボールを打つ人とフェードボールを打つ人の違い、特に左腕の使い方の違いについて書かせていただきたいと思います。

ゴルフスイング中の左腕の動きと右腕の関係

世界的にも有名なゴルファー、例えばタイガー・ウッズはジャック・ニクラウス、アーノルド・パーマー・・・などの選手はいずれもドロー又はフェードを好んで打っています。

それらの選手の左腕の動きを分析したというジョニー・ミラー(96年世界ゴルフ殿堂入り)はある共通点に気づいたのだと言います。

それは、フェードを好んで打っていたゴルファー(ジャック・ニクラウスなど)はゴルフ スイング中、左腕を(比較的に)真っ直ぐに伸ばしていたのに対して、アーノルド・パーマーやボビー・ジョーンズなどドローボールを好んでいたゴルファーは左腕がゴルフスイング中にほんの少しだけ曲がっていた・・・ということです。

それが本当なら・・例えば、左腕をバックスイングで意識的に伸ばすことは、もしかしたら、フェード、もしくはスライスが出やすくなる・・・ということになるのかも知れません。

ゴルフスイング中に左腕を意識して伸ばすことがスライスの原因になる理由はいくつかあると思いますが、ジョニー・ミラーはそのことについて、左腕を真っ直ぐにしすぎると、トップで右腕(肘)が十分に曲がらないことを挙げています。

ドローボールを打とう・・・そう思った時は、左腕はむしろリラックスさせてあまり伸ばし過ぎないようにした方がいいのかも知れません。

フェードボールを打つ際も、無理に左腕は伸ばす必要はないと思うんです。

これについてはバックスイングで左腕(肘)は伸ばすべきかで詳しくご紹介しておりますので、よろしければ、そちらをご覧になってください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。