ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

バックスイングのトップで右足に体重が乗っているかを確認する。リバースピボットについても

バックスイング(ゴルフスイング)のトップで右足(右利きの方の場合)にしっかりと体重が乗っているかどうか・・・というのはとても重要なことで、飛距離にも大きく関係してきます。

ただ、中にはバックスイングのトップで左足に体重がかなり残っている方もいます。

このような形だと、切り返した時に、今度はその左足に残った体重が右足に移動してしまって、大きな飛距離ロスの原因になります。

この状態をリバースピボットと言います。

リバースピボットが飛距離ロスの最大の原因?

リバースピボットは飛距離ロスの最大の原因になる・・・なんて言われることがあります。

本来であれば、バックスイングで右足に体重を移動して、ダウンスイングではその体重を左足へと移動させます。

リバースピボットは、その反対に近く、バックスイングでは左足に体重が残り、ダウンスイングでは右足に体重が移動してしまいます・・・これではヘッドスピードが上がらないわけで・・

後程、トップでしっかりと体重が右足に乗っているかどうかを確認する方法について見てゆきたいと思いますが、その前に、リバースピボットの特徴について少しご紹介したいと思います。

リバースピボットをしているかどうかを見分ける方法はいくつかあるのですが、その1つがバックスイングのトップで背骨が地面と垂直か、もしくは、ターゲット方向に傾いていること・・・です。

これは以前にもご紹介しましたが、アドレスでは右手が左手よりも下に来ますから(右利きの方の場合)、右肩が左肩よりも若干下がります。

すると、背骨も若干、右に傾くのが自然な形になります。

バックスイングではアドレスで最初から若干右に傾いている背骨の傾きを保ったまま右にくるっと回転します。

このような形で(背骨を右に傾けたまま)回転すると、案外簡単に(自然と)右足に体重が乗ります。

バックスイングのトップでは背骨は右に傾いている形になります。

詳しくは基礎編ゴルフスイング編にてご紹介していますので、この辺に致しますが、ただ、バックスイングのトップで背骨が右に傾いていれば・・・体重を左足に残すのはむしろ困難になります。

リバースピボットをしているということは、この背骨が垂直になってしまっているか、もしくは、ターゲット方向へと傾いている可能性があります。

リバースピボットとは?原因と直し方も・・・でご紹介しましたが、リバースピボットの原因となっているのはウィークグリップであることが多いです。

(自分にとって)ウィークグリップで握っていると、スイングをスタートしてすぐにフェースが開きますから、それをスイング中に何とかして閉じなければならず、そのために、リバースピボットをせざるを得ない状態になっていることも多いです。

勿論、他にも原因はあるのですが、まずはグリップを疑ってみてもいいかもしれません。

リバースピボットをしていないかどうかを確認する

さて、ここからは実際にリバースピボットをしていないかどうかを確認してゆく方法について見てゆきたいと思います。

1つは正面からスイング中の写真を撮ることです。

トップで背骨が垂直、もしくは、ターゲット方向に傾いていないかを確認します。

もう1つの方法ですが・・・

1)まず、いつも通りアドレスをします。そして、ボールを打つつもりでバックスイングをしてください。トップに来たら、ストップします。

2)その状態で数センチ~5センチ程度、しゃがんでみます。(腰を落として、姿勢を低くします)

結構つらいので・・、最初は無理をしないように気を付けてください。

この時、右足の上にしゃがむようにします。

3)この状態で左足を地面から浮かせてみます。

右足の上にしゃがみ込むことができて、その状態で左足を地面から浮かせることができれば、体重移動はしっかりとできているかと思います。

リバースピボットをしている場合は、右足の上にしゃがみ込むことはできないと思います。(左足の上にしゃがみ込む形になるかと思います)

また、しゃがみ込んだ後に左足を浮かせることもリバースピボットをしている場合はとても難しいと思います。

 

この確認方法は体重移動のよい練習にもなります。

例えば、ご自宅でクラブを持たずにバックスイングして、トップに来たら、右足の上にしゃがみ込む、左足を軽く床から浮かす・・・という形で繰り返し練習してみてもいいかも知れません。

ただ、やってみると結構きつい練習になりますので、膝を痛めている方にはおすすめしません。

また、しゃがみ込む際もあまり深くしゃがみ込まず、数センチからせいぜい5センチ程度でも十分かと思います。

リバースピボットをしている方がリバースピボットを直すと、飛距離が飛躍的に伸びることが多いです。

それだけ、リバースピボットというのは飛距離を奪ってゆくものだと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。