ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

アウトサイドインのゴルフスイング(の軌道)を直す方法

スライサーの方の多くはアウトサイドインのスイング軌道になっています。

ただ、スライスを直すためにこのスイング軌道をインサイド・インに直そうとしても・・・うまくいかないことがあります。

その理由は、スライスをおさえるために、アウトサイドインのスイング軌道になっているケースも多いから・・・だと思います。

でもインサイド・インのスイング軌道にしようとすることは間違いではないと思うんです。

この場合、まずどんなにボールが右に曲がっても、ボールの出だしがまずターゲットに向かうか、もしくは若干ターゲットよりも右に飛んでゆく意識でショットを打つ練習をしてみてもいいと思うんです。

ボールはひどいスライスになると思いますが、それでも構いませんので、まずはボールの出だしの方向を変えてゆきます。

最初は7番アイアンなどで練習してもいいのかも知れません。その時、ボールの位置が左に寄りすぎていないよう注意します。

ボールが左に行けばゆくほど、アウトサイドインのスイングになりやすいからです。

ですから、ボールを思い切ってスタンスの真ん中か、それよりも少しだけ左にセットしてみます。

これをすることでスライスは余計ひどくなりますが・・・それでも大丈夫です。

これができるようになってきたら、今度はグリップを変えてゆきます。グリップに関しては基礎編を参照いただければ幸いです。

このようにスイングの軌道を変えた後で、今度はグリップを変えて、フェースの向きを(グリップを変えることで)修正し、右へ曲がるショットを直してゆきます。

スイング軌道を決定付ける要因

ゴルフスイングにはアウトサイドイン、インサイドイン、インサイドアウト・・・という大きくわけて3つのスイング軌道があります。

それぞれ:

アウトサイドイン・・・スライス、引っ掛け
インサイドイン・・・ストレートボール
インサイドアウト・・・フック、プッシュアウト

・・・というショットが出やすい傾向があります。勿論、インサイドインであってもスライスやフックは出ます。

ボールが曲がる要因は軌道もそうですが、フェースの向きが大きく関係しているから・・・です。

この軌道を決めているのは何でしょうか・・・?

ゴルフの基本はスクウェアに立つことです。スクウェアに立つとは、一般的にボールとターゲットを結ぶターゲットライン(飛球線)に対して、体を平行にして立つことを言います。

しかし、多くの方は両足のライン、つまりスタンスのラインがターゲットラインに対して平行なら、スクウェアに構えられていると思われていると思うんです。

ただ、スイング軌道を決定付けるものはスタンスの向きもそうですが、アドレス時の両肩のラインが大きく関係しています。

両肩のラインとは右肩と左肩を結んだライン(線)のことです。このラインがアドレス時にターゲットラインと平行ならインサイド・インの軌道になりやすくなります。

しかし、それよりも大きく左に向いている場合はアウトサイドイン、右に向いている場合はインサイドアウトになりやすくなります。

肩のラインというのは、自分のミスをカバーするために無意識のうちに変わってしまうこともあります・・。

例えば、スライスを打っている方は、肩のラインが左を向きやすく、フックを打っている方は反対に右を向きやすくなります。

右肩に左手を当てて、右手一本で振る

ここまでアウトサイドインのゴルフスイングの原因について見てきました。

ここで一つ、インサイドから振るためのドリルがありますのでご紹介したいと思います。

やり方は簡単です。

まず、9番アイアンを持っていつも通り構えます。ボールは必要ありません。素振りをしてゆきます。

構えたら、左手をグリップから離して右肩に当てます。

左手を右肩に当てたまま・・・右手一本で軽く素振りをしてみます。

左手は右肩に当てて、スイング中、特にダウンスイングのスタート時に右肩が前に出ないように意識してみてもいいかも知れません。

左手を右肩に当てていることで、右肩が前に出てくるのがわかりますし、また、右肩が前に出てくるのを防ぐことができます。

右手一本だと、インサイドから振りやすい・・・ともし思われた場合は、グリップ、特に左手のグリップを少々フックグリップに変えてみてもいいかも知れません。

左手のグリップが邪魔をして、インサイドから振れないというケースもよくありますので。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。