ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイングの連続写真を見ても上達しないのは何故?

トッププロと呼ばれるゴルファーのゴルフスイング。その連続写真を何度も見ているのに上達しない・・・そんな風に思われている方もいらっしゃるかも知れません。

その問題はもしかしたら、真似る順番・・・にあるのかも知れません。

スイングだけ真似しても同じ結果にはならない

好きな選手のようなスイングをしたいと思うことに、僕は賛成です。

でも、問題は真似ることそのものよりも真似る順番なんだと思うんです。

いくらプロのゴルフスイングを真似しても、連続写真の一コマを完璧に再現したとしても「グリップ」が同じでなければ・・・思うような結果にはならないかも、知れません。

グリップが違っていれば、たとえ同じようにスイングしたとしても、インパクトでフェースはスクウェアには戻ってこないかも知れません。

だから、ダウンスイングやバックスイングのどこかで調整をしなければいけなくなります。

僕は、そういう意味でまずグリップを真似する必要があるのではないかなと・・・思います。

グリップの次はアドレスの構え方です。

そして、ボールの位置・・・という風に真似をしてゆきます。どれもショットの行方を左右する大きな要素になってくると思うんです。

自分のスイングへと変えてゆく

そうやって、グリップやアドレス、ボールの位置・・・というものを変えてゆくことで、真似しようと思ったプロのスイングに近づいてゆくかも・・・知れません。

それで思うようなショットが打てたら最高だと思うんです。

でも、もし、スイングは似てきても、飛距離が思うように出なかったり、ボールが曲がるようであれば・・・そこから、ご自分なりの形へと変えていってもいいのかも知れません。

人は身長も違いますし、手や足の長さも違います。体のやわらかさも違いますし、全てが全く同じ人ってこの世にはいないのかも・・知れません。

だからゴルフでも、人によって、グリップの握り方であっても個人差があるものだと思います。

ある方にとっては、それが一番真っ直ぐに打てるグリップだったとしても、そのグリップで僕がボールを打ったら、スライスするかも知れませんし、フックするかも知れません。

タイガー・ウッズのグリップはスクウェアグリップのお手本のようなものかも・・知れません。

でも、僕はそのグリップではスライスします。無理にストレート系のボールであったり、ドローボールも打てるかも知れませんが・・・飛距離はかなり落ちます・・。

僕にとってはタイガー・ウッズのグリップはウィークグリップ・・・だからです。

僕のグリップはいわゆるフックグリップです。このサイトでも何度かご紹介しましたが、ゴルファーの殆どはスライサーです。

そう思うと、いわゆるスクウェアグリップって、殆どの方がスライスしているグリップなのかも知れません・・。

フックグリップに変えることでスイングというものもそれなりに自然と変わってゆきます。スイングの軌道やクラブのポジションというものも変わってゆきます。

それらは、意識して変えるよりも、自然と変わってゆくことの方が多いのかも知れません。

だから、スイングの連続写真の形を真似ようと思っただけでは、同じようには振れないのだと思います。

でも、ご自分にとってウィーク過ぎるグリップを直した時、スイングのポジションというものが自然と勝手に直ってゆく、修正されてゆくことに気づかれると思うんです。

勿論、このサイトでもスイングのポジションであったり、そういうことは沢山解説させていただいていますが・・・そういった点はあくまでもグリップやアドレスを見直した上で・・・ということを前提にしています。

一番大事なことは、ゴルフではそれは、グリップアドレスボールの位置といった基本にあると思うんです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。