ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

スエー(スウェイ)を直す方法

以前にスエー(スウェイ)を防止する方法という記事を書かせていただきました。

その中で、根本的な原因についてや直し方についてご紹介させていただきました。

今回はそこに付け加える形でスエーの直し方やバックスイングの際のポイントを書かせていただきたいと思います。

スエーとスライス

バックスイングでスエーすること、スエーとは体がバックスイングで回転せずに、右に流れてしまう、もしくは、スライドしてしまうことを言いますが、これをやってしまうと、ダウンスイングで今度は左にスライドしなくてはならず、その過程でフェースが開き、スライスの原因にもなります。

さらに詳しいスライスとスエーの関係については、スエー(スウェイ)を防止する方法で詳しくご紹介させていただいておりますので、よろしければそちらも参照ください。

バックスイングでの右足への体重のかけ方

スエーするということはバックスイングで体が右に流れている・・・ということですが、その際、体重が右足の外側にかかりやすくなります。

体重が右足の外側にかかっているということは、スエーしている証拠だと思うのです。

ただ、逆に、体重が右足の内側、もしくは右足内側のつちふまずにバックスイングのトップでかかっていたとしたら、それはしっかりとバックスイングで体を回転させたということになると思います。

ですので、1つ目のポイントとしては、バックスイングで体重の殆どを右足の内側にのせる・・・ということだと思います。

2つ目は、体重を右足の内側にのせるためにできること・・・です。

何ができるかと言うと、体を右にスライドさせる代わりに回転させることだと思います。今回特に注目したいのが、左の腰です。

スエーをされている方は、腰をバックスイングでその場で回転させるようなイメージでもよいのかも知れません。

そして、特に左腰を右へと回転させるような意識でバックスイングをされてみてもいいのかも・・・知れません。

この方法では右足に体重がのらないような気がするかも知れません。

ただ、スエー(スウェイ)を防止する方法でご紹介させていただいたように、アドレスで右肩を下げ、背骨を少しだけ右に傾けて構えることで、後はバックスイングで回転するだけで右足に体重が面白いように乗る様になると思います。

そういう意味ではスエーを直すのに一番重要なのは、構えた時の姿勢・・・ということになるのかなと僕は思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。