ホーム > メンタル編 >
メンタル編

片山晋吾のプレッシャー克服方法

片山晋吾選手を見ていると、あまりプレッシャーに弱いという印象は受けません。

それよりもどんな場面でも冷静に判断しているように思えます。

しかし、片山晋吾選手本人は「僕はプレッシャーに弱い人間」と語っています。

緊張するような場面になると、「どうしよう・・・」と弱気になったり、体が震えたりするそうです。

では片山プロはどうやってプレッシャーを克服しているのでしょうか・・?

実はプレッシャーがかかったり、緊張して震えたりする場面になると、もう1人の自分が肩の上にいて、「なにビビッてんだよ!いつも通りに打てばいいんだよ。」と自分に語りかけてくれるそうです。

今の自分から抜け出して客観的に自分自身を見つめ、そして、どうするべきかを自分に語りかける(これをセルフトークといいます)ことはプレッシャーから自分を解放するためにはとても効果的なことです。

緊張していつものショットが打てない・・・そう思っている方は、片山プロのように「もう1人の自分」をいつも連れ歩いてみてもいいかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。