ホーム > 飛距離アップ編 >
飛距離アップ編

アイアンの平均飛距離が知りたい

ゴルファーであれば、誰もが飛距離には関心があると思うんです。

ゴルフ中継などでは残りの飛距離と番手につい注目してしまったりします。

では、いったいツアープロはどれほど飛ばしているのでしょうか・・?

PGAツアープロのアイアンの平均飛距離

PGAツアーのデータがここにあります。

05年のデータになりますから、古いデータですが、参考にはなると思います。

このデータはPar-4のフェアウェイからのセカンドショットを計測したものですが、PGAツアープロのアイアンでの平均飛距離になっています。

(注:今回は男性のデータしか用意できませんでした・・。すみません)

番手(アイアン) 飛距離
9-iron 139 yards
8-iron 152 yards
7-iron 163 yards
6-iron 172 yards
5-iron 181 yards
4-iron 189 yards
3-iron 199 yards
0-9 211.64 Yard
10-19 171.46 Yard
20以上 160.85 Yard

[ shots measured by ShotLink ]

「あれ?テレビで言っているデータと違う。」

・・・そう思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、これはあくまでもアイアンの平均飛距離です。

上記データを見る限り、アマチュアで例えば7番アイアンで160ヤードを打とうとするのはやや無謀であると言えます。

ただ、最近のゴルフ用品はロフトが少なく設定してあったり、シャフトが長かったりしますのでブランドによって、飛距離は変わってきます。

PGAツアープロの場合は一般的なゴルファーが打てないようなハードスペックを使用しているケースが殆どですから、比べること自体あまり意味のないことなのかも知れませんが・・ただ1つのデータとして今回はご紹介しました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。