ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショットで直接ボールに当たってしまう(ホームランが出る)

バンカーショットのミスというと2つあると思うんです。ダフリ過ぎてしまってバンカーから出ないか、直接ボールを打ってしまってグリーンを超えてゆくか・・・。

特にホームランは(ボールを直接打ってしまうミスは)、グリーンをはるかに超えてOBまで出たりすることもあって・・・かなり痛いミスになったりします・・。

今回のテーマですが、毎回バンカーショットでミスをする時は直接ボールを打ってしまう・・・という時の問題解決方法について考えてみたいと思います。

アイアンショットのディボット跡に注目してみる

バンカーショットでのミスは決まってホームラン・・・という方は、アイアンショットを打った後のディボット跡はどうなっているでしょうか・・・?

もし、殆どディボット跡が残らないか、浅いディボット跡ばかり・・・ということであれば、スイングの軌道に問題があるのかも知れません・・。

浅いディボット跡ということは、クラブヘッドの軌道がシャローと言いますか・・・ボールを上から叩きつけるスイングとは真逆で横から払い打つようなスイングかと思います。

※この場合のシャローとは、インパクトの際、ヘッドが低い位置から入ってくることを言います

もっと言うと、インサイド・インもしくは、インサイド・アウトで打っている方が多いかも知れません。

この軌道は通常のアイアンショットでは飛距離も出ますし、芯でボールを捉えることができるのですが、バンカーショットでは少し問題になってくることがあります。

スティープな軌道

特にインサイド・アウトでフックボールを打っているような方がバンカーショットで同じようなことをすると、砂を薄くとり過ぎてしまったり、ボールに直接当たってしまって、それを避けようとして思い切りダフってしまう・・・ということもあるかも・・知れません。

バンカーショットではボールの位置よりも下にヘッドが潜り込んでゆく形なので、どちらかと言うと、やや上からヘッドが砂に向かって降りてきて、ボールの下に潜り込む・・・という形になります。

特にボールを直接打つミスばかりされている方は、少しスティープな軌道と言いましょうか、やや上からヘッドが入ってくるような意識を持たれてもいいのかも・・知れません。

※この場合のスティープとは、インパクトの際、ヘッドが高い位置から入ってくることを言います

ダフリ過ぎてしまう方に上からヘッドを入れてください・・・なんてお伝えすると逆効果だと思いますが、ボールを直接打っている方であったり、フックをよく打っている方にはその位の意識でいいのかなと・・・思います。

構え方を変えてみる

さて、スティープな軌道でクラブヘッドを砂に入れてゆくためには、構え方を変えるのが一番簡単で楽な方法だと思います。

バンカーでホームランを打っている方は、もしかしたら、通常のアイアンのような意識で構えられているのではないでしょうか・・。(体をオープンにして、クラブフェースを開いて・・・という基本的なことをされていても。バンカーショットの打ち方も参照ください)

バンカーショットの場合は、特にスティープな軌道でクラブヘッドを砂に入れてゆくには、構える際に、大袈裟に言えば、背骨が通常のアイアンショットでは右にやや傾く形になりますが、その反対、左に傾くような意識でもいいかも知れません。

体重は最初から最後まで左足に多めにかけておいて、意識としては、左に少し寄りかかると言いましょうか、体を左に傾けて構える・・・そんな意識でもいいと思います。

そうやって左に体を傾けて構えることで、シャローな軌道でヘッドを振ることが困難になり、よりスティープな軌道でスイングできるようになると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。