ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

中尺パター(ベリーパター)の打ち方

中尺パターは別名、ベリーパターとも呼ばれています。ベリーとは英語でお腹のこと。その名前にあるように、グリップエンドの部分をお腹に当ててストロークします。

一般的なパターと違い、グリップをお腹に当てることで、パターヘッドの動きがストローク中に安定するという利点があります。

また、手や腕の余計な動きを抑制してくれる働きもありますので、もっと安定したパッティングをしたいという方やパットが苦手という方、イップスで悩んでいる方などにもおすすめのパターになります。

今回はその打ち方について見てみたいと思います。中尺・長尺パターの利点と欠点とはも参考になるかと思います。

1.中尺パターのグリップエンド(グリップの端)の部分をお腹に当てます。おへその上でもいいですし、それよりも左でも結構です。僕個人的にはおへその上の部分から少し左に当てるといいと思います

2.スタンスは通常のパターを構える際と同じ。ボールとターゲットを結んだターゲットラインに対して、足、肩のラインが平行になるようにします

3.ボールの位置が重要です。お腹にグリップエンドを当てますが、その位置に合わせてボールの位置も調整します。

お腹の真ん中にパターを当てたら、ボールもスタンスの真ん中にセットします。もし、お腹の左側にパターを当てたら、ボールも左に移動させます。

4.上記のようにボールの位置とパターをお腹に当てる位置を調整すると、ボールよりも手(グリップ)が前に出ると思います。つまり少しだけハンドファーストになるような形です。

手の位置とボールの位置が同じになると、引っ掛けなどが多くなると思いますので、その場合は手の位置とボールの位置に注目してみてください。

中尺パターは一般的なパターと違ってお腹にグリップを当てていますから、ボールの位置が前過ぎると下から上に向かって打ち過ぎてしまう傾向にあります。

5.手の位置(グリップを握る位置)に関しては、好みもあると思います。ツアープロの中にはショートパットになるとグリップを短く持って打つプレーヤーもいるようですが、これはとてもいい案だと思います。

グリップを長めに持てば、ストロークの幅も広くなりますからロングパット向きですし、ショートパットなど大きなストロークが必要なく、より安定したヘッドの動きというかストロークが求められる時にはグリップを短く持つというのは効果的です。

さて、ここまで構え方、打ち方の注意点を挙げてみました。特に大切になってくるポイントはボールの位置と手の位置になるかと思います。

これは一般的なパターにも同じことが言えますが、中尺パターの場合は特にボールの位置が重要になってくると思います。

中尺パターはストロークを安定させることができるという利点がありますが、それは同時に手や腕の微妙な動きや感覚なども奪ってしまうことがあります。

ですから、フィーリングを重視するようなタイプの方には合わない可能性もあります。ただ、ストロークを安定させるという利点はとても大きいのではないでしょうか。

特にプレッシャーがかかるような場面ではその威力を発揮すると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。