ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パットの距離感が全く合わなくなってしまったら

パットの距離感が全く合わなくなってしまって、ロングパットやミドルパットだけではなく・・・ショートパットを打つのも怖くてショートしてしまう・・・

今回はもしそんなことになってしまった時にはどうしたらいいのか?ということについて考えてみたいと思います。

頭で考え過ぎてしまうとフィーリングが失われてゆく

パットの距離感が合わなくなってしまう理由は色々あると思いますが、その一つが色々なことを考え過ぎてしまうこと・・・だと思います。

パットの距離感が合わないという方にお話をお聞きすると、多くの方が技術的なこと、ストロークのことですとか、ヘッドの出し方であったり、頭を動かさないようにすることであったり・・・そういったことをストロークの最中に考えていることが多いことに気づきます。

技術的なことを理解することも、それを習得してゆくことも、大事なことだと思うんです。

ただ、それをストローク中に考えてしまうと・・・フィーリングが失われてしまうことがあります。

そんな時は、ストローク中に何も考えず、感覚に頼ってパットしてみるのも良い方法なのですが、それができない時は、考えること(注意すること)を一つだけに絞ってみるのもよいかも知れません。

技術的なことはできるだけ・・・練習中に考えるようにして、コースではそれについて考えなくても自然と体が動くようにする・・・というのが理想なのかも知れません。

次に感覚を取り戻すためにできることについて見てみたいと思います。

自分の中にある感覚を取り戻す

先程、頭で考え過ぎるとフィーリング(感覚)が失われてゆくことがあると、書かせていただきました。

頭で考え過ぎているのは技術的なことだけではなくて・・・ショートするんじゃないか、とか、前回はオーバーし過ぎてしまった・・・とか、そういったことでもあるかも知れません。

ショートしてしまったことやオーバーし過ぎてしまったことは「結果」ですが、人は結果について考えると、どうも体がうまく動かなくなってしまうようです

さて、ここからは具体的な感覚を取り戻すための方法ですが、練習グリーンに行ったら、ボールを1個だけ用意します。

そして、ターゲットを決めたらそこに向けて何も考えずに打ってみます。

ここでオーバーしても、ショートしても、それは全く構いません。強すぎたな・・とか、弱すぎたな・・・とかも考えずに、今度はまた違うターゲット(カップ)に向けて打ってみます。

距離も5メートルでもいいですし、1メートルでもいいです。ポイントとしては、

1)毎回ターゲットを変える(打つ距離を変えます)
2)結果はオーバーでもショートでもいいので、何も考えずにすぐにまた次のパットを打つ

・・・ということになります。

こうやって何度もターゲットを変えては何も考えず打ってゆくと、自然とフィーリングが戻ってくることがあります。

パットの距離感を僕は、ゴミをゴミ箱に投げ入れることによく例えて考えます。

ゴミを少し離れたゴミ箱に投げてみます。

その時、腕はこんな風に振ってとか、この幅で腕を振ろう・・・とは考えていないことが多いと思うんです。

ただ、この位かな・・・と思いながらゴミを投げていることが多いと思います。

最初は届かなかったり、強く投げ過ぎたりしてゴミ箱には入りませんが、何度も投げているうちに入るようになったりして、投げる強さも感覚でわかってきたりします。

パットの距離感もそれに似ていると思います。

これは以前にもご紹介させていただきましたが、距離感が合わなくなってきた時にできるもう一つのこととして、ボールをパターで打つのではなくて、手で転がしてみる・・・というのも僕は良い方法だと思っています。

特に距離感が合わないなと思った時などには効果的な練習方法で、パターで同じ距離から何度も何度も打つよりも、手で何回かボールを転がしてみた方がよい結果につながることもあります。

勿論、技術的なことも必要だと思うんです。

技術的なことにミスの原因があることもありますので、フィーリングだけに頼ってしまうと、そんなことに気づくことができないことも・・あるかも知れません。

そういう意味では、大事なことは偏らないことなのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。