ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

石川遼選手のパットの距離感~振り幅ではなく打感?

石川遼選手というと、豪快なドライバーショット、常に躊躇することなく振り切るゴルフスイングが魅力ですが、彼はパットの名手でもあると思うんです。

特にパッティングの距離感というか、タッチが素晴らしい。

でもどうやって彼は距離感を出しているのだろうか?と思ったのです。するとこんなことがわかりました。

彼は「打感」を重要視しているそうなのです

普通はロングパットを打つ前に素振りをすると思います。

その時に素振りの振り幅を自分の頭にインプットする・・・という選手やゴルファーも多いと思います。

しかし、彼は振り幅に気をとられてしまうと体がこわばってしまい微妙なタッチが損なわれてしまう・・・と考えているそうです。

だから、素振りをして振り幅を頭にインプットするよりも、この位の重さで打てばこの位転がる・・・・という風に打感の方を大切にしているのだとか。

彼が打感を大事にしようと思ったきっかけは、リー・トレビノというメジャー大会で6勝を挙げているゴルファーがパットで素振りをしないで打つところを見たことでした。

トレビのは素振りに時間をかけてしまうと、直感的なフィーリングが失われてしまうと考えていたようです。

さて、石川遼選手の話に戻しますが、彼はパットの際は「ボールの重さと感じながら打つ」ということを大事にしているそうです。それが彼のいう打感につながるのだと思います。

振り幅よりもボールの重さ・・・そんなことを思ってパットしてみてもいいのかも・・知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。