ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

おすすめの5つのショートパット練習方法

ショートパットの打ち方とコツではショーパットで一番大切なのは、ストロークではなくて、フェースの向き・・・ということをご紹介しましたが、今回は練習方法についてご紹介させていただきたいと思います。

1.バックストロークをしない練習法

下記は特にショートパットが苦手な人におすすめの練習方法になります。

ストローク(スイング)よりもフェースの向きが重要・・・それを体感できる練習だと思います。

1.カップから90センチから1メートル程度離れます
2.出来れば平らな場所で練習してください(ストレートラインで)
3.次にいつも通り構えます
4.バックストロークはとらないでそのままフェースでボールを押します
5.これを10回連続決めるまで練習します

この方法はアメリカのレッスンプロなども推奨する練習方法です。

いくらカップの方向にボールを押し出そうと思っても、フェースの向きがくるっているとボールはカップインしてくれません。

2.パターのトゥで打つちょっと変わった練習法

以前に紹介した「パターとイップスについて。克服するには?」の記事の中で、イップスに悩む人は眼球の動きが多い速い・・・ということについて書きました。

ショートパットの苦手意識がある人という人は程度の違いがあれど、同じように目の動き・・・または集中するべきポイントに狂いが生じているのではないかと思います。

繰り返すようですが、ショートパットで大切なのはフェースの向きです。テークバックの方向やダウンスイング(ダウンストロークの方向)などではありません。

その感覚を養うために良い練習方法があります。
この方法はアニカ・ソレンスタムも行っていたという練習方法です。

50センチから90センチ程度のパットを練習してゆきますが、1ついつもとは違ったことをします。それはフェースではなく、パターのトゥ側の先端でボールを打つ・・・ということ。

アドレスでフェースはターゲットを向いていますが、それを時計と反対方向に90度回し、パターヘッドのトゥ側の先端で打ちます。

この練習を繰り返してゆくことで、フェースに集中する意識が高まってゆくようになります。

また、こんな難しい打ち方でもパットを入れることが出来た・・・という自信にもつながるのでとてもおすすめの練習方法です。

3.自宅でできるペットボトルを使った練習法

ショートパットは意外と初心者の方は問題なかったりします。それよりもある程度ゴルフのことを勉強した方などが意外と苦手だったりします・・。

それはゴルフの怖さを知ったから・・・かも知れませんし、技術的なことを知り過ぎて・・感覚でパットを打つことができなくなっているから・・・かも知れません。

短いパットを嫌だと思っている方は、まず入るとか外れるといった「結果」についてや「打ち方」といった技術的なことは一旦忘れてみてもいいかも知れません。

ただ、1つだけ考えていただきたいことがあります。
それは真っ直ぐにボールを転がすことです。

そのためにいい練習方法があります。

家でパットの練習ができる環境がある方は、空になった1.5リットルのペットボトルに水を半分程度入れます。

それをカーペットの上におきます。

そして、そのペットボトルにボールを当てる練習をします。距離は90センチ程度から打つといいと思います。パターの長さの距離位になると思います。

本番でもカップをペットボトルだと思って打ってみます。

4.わざとカップを外す

わざとカップを外す練習・・・なんてあまり聞いたことがないかも知れませんが・・・あえて、カップに入れないというのも特にショートパットが苦手という方にはおすすめの練習方法です。

あえて、カップの

1)手前で止める
2)カップの右に外す
3)カップの左に外す
4)強すぎる位に打って、カップの上を通過させる

4)はグリーンキーパーさんのことを考えると・・カップ奥に当たってカップ周りが傷んでしまうので、おすすめとは言えませんが・・ただ、最初の3つはおすすめです。

手前であえて、止めてみる、カップの右を通過させる、カップの左を通過させる・・・そういう風にあえて外す練習をすることで入れなければいけないという気持ちから、どう打つか・・・ということに気持ちを切り替えられたりします。

本番でも入れようと考えるより、どう打つか、どこに打つかという風に、入れることを最終目的にするより、自分が打とうと思ったように打つことを目標にした方が結果的にはパットは入りだすように僕はそう思ってます。

5.フォロースルーをとらないで打つ

おすすめのショートパットの練習方法として最初にバックストロークをしない練習方法をご紹介しました。

今度はその反対で、バックストロークは普通にして、フォロースルーをとらないようにして打つ練習です。

実際には、勢いがついているので、インパクトでピタっととめることは殆どできないと思いますが、ただ、そのつもりで、パチンと打って終わり・・・という感じで打ってみます。

ショートパットが入らない時はどうしても、ボールをカップに導こうとしてしまう・・・と言いましょうか、フォロースルーでこう・・・入れにいってしまうと言いましょうか・・・そんなこともあるかも知れません。

ただ、入れることに意識が行き過ぎてしまうと、必ず疎かになるのがインパクトだったりします。

もっというと、インパクトでのフェースの向きに意識がいかなくなってしまったり・・

フォロースルーをとらないで打つ練習はインパクトに意識が向きやすくなると思いますので、僕はおすすめの練習方法だと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。