ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

フックの原因とグリップの握り方

僕の友人でゴルフを始めた頃からフックで悩んでいた人がいました。彼は、元々テニスをやっていて、学生の頃は全国レベルのプレーヤーでした。

その彼がゴルフをはじめたのですが、これがまた見事なフックの連続でした。

ただ、僕自身がゴルフをはじめた頃はスライスの連続でしたので、いきなりフックを打っている彼が羨ましいとも思ったし、彼にはゴルフの素質があると思ったんです・・。

でも彼は何故フックばかり打っていたのでしょう・・?

テニスはドライブをかけるショットがあります。そのテニスでドライブをかけるときの動作がフックの原因にもなっていたのかも・・知れません。

テニスでトップスピンをかける際はラケットの面を斜め下、もしくは地面の方に向けながら、振り抜いてゆきます。

ゴルフも感じとしては似ていて・・・ダウンスイングからインパクトにかけて、大袈裟に言うとフェース面が地面を向くような感じで振り抜くと、フックボールが出ます。

スライスを打っている方は、むしろそんな感じで振り抜いてみると、スライスも改善されるかも知れません。

彼の話に戻りますが・・他にも問題はありました。
それは・・・グリップです。

彼のグリップは左手はスクウェアだったのですが、右手がかなりフックグリップ(ストロンググリップ)になっていました。それはまるで、テニスのようなグリップでした。ゴルフクラブの右横から握っているような形です。

その右横から握る右手のフックグリップは彼にとってストロングすぎたためにインパクトまで来ると遠心力で右手が反時計回りに(左回りに)回転していたと思います。

そうするとクラブフェースは閉じますのでフックが出る・・・というわけで・・。

僕は彼にフックボールを直す方法を聞かれ、右手のグリップをもっとかぶせたらどうかなと・・・伝えました。そして、右手の親指と人差し指で作るVの字があごを指すように握ってもらいました。

この形はウィークグリップになりますが・・・まずはそこからスタートしてもらいました。

次に左手のグリップもその右手と平行になるように(手の平どうしが平行の感覚になるように)調整してもらいました。

そしてまず、ストレートボールよりフェード気味の球を打ってもらいました。

こうやってフックを直す際は、いきなりストレートボールを打とうとするよりも、まずは、逆のボール、つまり、スライスやフェードボールを打つ方法を覚えるのが良いと僕は思っています。

今、彼の右手のグリップは恐らく右手の親指と人差し指の間にできるV字が右耳を指す位だと・・思います。そのグリップでドローボールを持ち球にしています。

ただ、本当にグリップに関しては個人差がありますので、彼と同じグリップでもスライスが出る方もいらっしゃいますし、逆にすごいフックになる方もいらっしゃいます。

それでも1つ言えるのはご自分にとって正しいグリップならば・・ドローボールもフェードボールも打てる・・・そういうことだと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。