ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ゴルフスイングのフィーリングを取り戻すには

今回は「ゴルフスイングのフィーリングを取り戻す」という題にしてみました。

何故、「取り戻す」と書いたのかというと・・・もともと、スイングのフィーリングみたいなものはその人に備わっているものと思うから・・・です。

ゴルフスイングというと、技術的なことばかりが注目されてしまい、(もっとも技術的なことも大切だと思いますが)大切なフィーリングがないがしろにされているように思うこともあります・・。

練習方法

ゴルフスイングのフィーリングを取り戻すための練習方法はいくつかありますが、今回は少しだけご紹介させていただきたいと思います。

1)テンポ

この練習では、ゴルフスイングのスピードを速くしたり、遅くしたりします。

最初は100%のスピードでスイングします。次は50%、20%、120%・・・という風にスピードを変えてゆきます。

この時スピードを落としても、バックスイング、トップ、インパクト、フィニッシュまできちんと振ることがコツです。

2)10ヤード刻み

ウェッジで10ヤード刻みにショットを打ってゆきます。

フルスイングの時に100ヤード飛ぶ方なら、90、80、70という風に何球かずつ打ち分けてみます。

次はミドルアイアンで同じようにして10ヤード刻みでショットを打ち分けます。

こうやってヤーデージを変えて打ち分けてゆく練習は、あの上田桃子選手もしているそうですが、あのアニカ・ソレンスタムのコーチ、ピア・ニールソンもこの練習をすすめています。

3)ミドルアイアン3本

7番、6番、5番アイアンで同じ距離を打ちます。

例えば7番アイアンのいつもの距離が130ヤードだとしましょう。そうしたら6番と5番アイアンでも130ヤード打ってみます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。