ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

振り遅れを直すもう1つの方法

振り遅れに関しては今までにもその原因についてや対処法についてご紹介してきましたが、今回はまた違った直し方について考えてみたいと思います。

振り遅れてしまうとショットはプッシュアウトになったり、ヘッドが返りきらずにスライスが出たりすることがあります。

この原因の1つは、ダウンスイングで頭が前に出てしまうことです。

頭がダウンスイングでターゲット方向にスライドしてしまうのには、打ち急ぎやルックアップも関係しているのかも知れません。

そこで、ちょっとした工夫をしてショットを打ってみます。クラブはミドルアイアンなどを使います。

まず、いつも通り構えます。この時、ボールは真上から見るのではなく、ボールの右側半分に意識を持っていきます。

そのため、練習場のボールのロゴでもストライプでも何でもいいのですが、それがボールの右側(フェースに当たる部分)にくるようにしてボールをセットします。

バックスイング、そして、ダウンスイングからインパクトにかけて、そのボールのロゴを見て打つようにします。

こうすることで自然とインパクトで頭が残るようになります。

また、うまく出来た時は、ボールに力が伝わるのが実感できるのではないかと思います。

ボールの位置にも気をつける

それからもう一点ですが、振り遅れが癖になっていると、それを嫌がってボールの位置を左に置きたくなることがあります。

ボールを左に置くことで、時間を稼いでいるのですが、これがかえって逆効果になることがあります。

左に置きすぎると、そのボールを打つために、左へとスライドしなければならず、フェースがインパクトで開きやすくなるから・・です。

それを嫌がると今度は引っ掛けや引っ掛けスライスなどが出やすくなります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。