ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

打ち上げホールでのプッシュアウトの原因

今回は打ち上げホールでのプッシュアウトの原因についてご紹介したいと思います。

ダウンスイングで右足に体重を残してしまう

さて、プッシュアウト(ショットがターゲットラインよりも右へ飛んでゆくこと)にも様々な原因がありますが、実はプロでもよくおかしてしまうミス(プッシュアウト)があります。

プロでもプッシュアウトをしてしまうシチュエーションというのは打ち上げのPAR3などです。

PAR3ですから、ティーグラウンドは左足上がりというわけではないのですが、それでも右へショットが行ってしまう。

この原因は高さのあるショットを打とうとしてしまうため、(無意識のうちに)ダウンスイングで右足に体重を残してしまうため・・です。

これは打ち上げのホールではよくあるミスかも・・・知れません。

「ボールを高く上げなければいけない」

そう思うと下から上に向かって打ちたくなるのが人間の心理なのかも知れません・・。

すくい打ちは結果的にダウンスイングで体重を右足(右利きの場合)に残してしまいます。

そうなると、プッシュアウトが出やすくなったりもします。

ですので・・・打ち上げのホールではむしろ、低く打って行こうと思ってもいいのかも・・知れません。

後はロフトを信じてボールを打つ・・・ということだと思います。

高く上げようとするとボールが右に出やすくなりますので・・・あえて、低く打とうとしてみる・・・言うのは簡単でも実践するのは難しかったりしますが、それが打ち上げホールでプッシュアウトを打たないコツだと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。