ホーム > メンタル編 >
メンタル編

ゴルフとパターのイップス:克服するための4つポイント

イップスになる方というのは、上級者もしくは中級者以上の方だと思います。

初心者でイップスです・・・という方は少ないようです。

初心者の方はまだ経験が浅いわけですが、中級者、上級者の人になってくると経験も豊富です。

ところが、その経験が時々邪魔をすることがあります。

ゴルフの場合、イップスといっても、ドライバーのイップスアプローチのイップスなどがありますが、中でも多いのはパターのイップスではないでしょうか。

中には距離感が合わないなど、ロングパットのイップスで悩む方もいらっしゃいますが、どちらかというと、ショートパットのイップスの方が多いようです。

ロングパットよりもショートパットのイップスに悩まされるのが多い理由は、ショートパットが比較的入れるのが優しいからだと思います。

ロングパットであれば、カップインさせることは誰にとっても簡単なことではありませんから、「入れなくてはならない」という風に考えることもないと思います。(もっとも、「寄せなくてはならない」と考えてしまって、ロングパットのイップスになってしまう方もいます)

ただ、短いショートパットの場合、中級者や上級者になれば「入れて当然」と考えていることが多いはずです。

そんな入れて当然のパットを外してしまった場合、それは例えば、上級者などにとっては非常にショッキングなミスになることがあります。

そこで切り替えられればいいのですが、特に完璧主義の傾向のある方の場合は「次も外したら・・」と考え始めてしまうのです。

1)思考パターンを崩す必要がある

そうやってショートパットを前にすると「また外すのではないか・・」という不安が頭をよぎるようになります。

それを打ち消すように「どうしても入れなければならない」と考えると、どんどん筋肉が硬直してきます。

これがイップスの症状ということになります。(以前、パターのイップスを克服する方法と6つのポイントもご紹介しましたが、これに伴ってイップスの方は眼球の動きが速くなる・・・という調査結果も出ています。)

硬くなった筋肉は思うように動きませんから、パッティングのストロークも安定しません。

こうなるといくらプロであってもショートパットを毎回決めるのは至難の業だと思います。

イップスになると「ショートパット=入れなければいけない、また外すのではないか」という風に思考のパターンが出来上がってしまいます。

これを克服するには、この思考のパターンを壊してあげる必要があると思います。

2)一番手っ取り早い方法

この思考パターンを崩す一番手っ取り早い方法として、プロのコーチングも行っている松本進氏は自身の著書の中で「グリップを変えること」を挙げています。

具体的には今まで試したこともないようなグリップに変えてみる。
違和感があるほどよいそうです。

すると、パットを打つ際「入れなければいけない、また外すのではないか」と考える前に「違和感があるな・・」とか「構えづらいな・・」といった風に違った考えが浮かんできます。

しかし、これが今までの思考回路を壊すのには効果的だというのです。

メジャー大会を制覇したようなトッププロでもイップスになることはたくさんあります。

彼らを見ていると、何だか色々なパッティングのグリップやスタイルを試しています。

これは実は苦し紛れにやっているのではなく、今までの思考回路を壊すためにやっていることなのかも知れません。

いずれにしても、色々なパターンのグリップや構え方を試してみるのは効果がありそうです。

クロスハンドグリップやテンフィンガーグリップなどなど様々な方法がありますから、そういったものも試してみるといいかも知れません。

3)結果よりもプロセス

以前、あるトッププロが取材でショートパットの秘訣について語っていたことがありました。

彼は「結果はどうしようもないから、プロセス(手順や過程)に集中する」ということを話していました。

こんな記事を書いている僕も実は20代の頃は、パット、特にショートパットのイップスに悩まされていた時期がありました。

その頃は技術的なことばかりにこだわっていたり、真っ直ぐに打つとかそういうことばかり考えていたように思います。

しかし、ある時から、パターのフェースに意識を集中するようにしました。少し言い換えると、入ったか入らないかよりも、思った方向に打ち出せたかどうかを大切にするようにしたのです。

そのために、インパクトでフェースがターゲットを向いていること(打ち出したい方向に対して垂直であること)・・そこにすべての意識を集中させてパットするようにしました。

パットが入るかどうか、心配することをやめて、インパクトでのパターフェースの向きに意識を持って行ったことでパットは面白いように入るようになりました。

そして、入らなかった時でも変な苦手意識を持ったり、それを引きずることもなくなりました。

パターのイップスだけでなく、他のイップスにしてもそうですが、イップスを克服するためには、結果よりもプロセスに意識を向けるということがとても重要なことだと思います。

4)完全欲からくる不安

イップスになる人は以前の僕自身も含め、「~しなければならない」という思いを持っていることが多いようです。

例えば、「ショートパットは入れなければならない」という風に、「こうでなければならない」という思いが強いのだと思います。

「こうでなければならない」という思い、ある種の完全欲があるために、それができない自分が許せないでいるのだと思います。

僕自身もその傾向が強く、それを以前、自分では向上心だと考えていたのですが、それは向上心というよりも完全欲で、ミスを許せない心でした。

完全欲が強いと、「外してしまうのではないか」という不安を持つこと自体が許せなくなります。

だから、パットの際は、打つことそのものよりも、その不安を打ち消すことに意識が行ってしまうことが多かったりします。

そのために、パッティングそのものには全く集中できなかったりします。

何が一番問題かというと、不安を不安として受け入れるだけの心の余裕がないことだったのかも知れません。少なくとも僕の場合は。

不安というのは、誰もが持っているものだと思います。

しかし、完全欲が強い人は、不安に思ってはいけないのであって、平然とパッティングしなければならないわけです。

しかしながら、不安は人間に備わっているものであり、打ち消すことなどはそもそもできないものだと、簡単なことかも知れませんが僕はある時にやっとそんなことを思えるようになりました。

イップスを克服するためには、不安を消そうとするのではなく、不安をあるがままにした上で(不安は不安として受け入れた上で)プレーをする、そして、そのために過程に意識を持って行くということではないかと思います

不安はあるがままにしておいて、過程に意識を向ける。

つまり、外してしまうのではという不安に目を向けるのではなく、パットを打つということそのものに目を向けると言いましょうか。

そうやって不安は不安のままにしておいて、今、自分ができることに意識を向ける。

そうやって不安を不安のままにしておこうと思った時に、不思議と不安は薄れてゆくようにできているようです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。