ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

男子プロのドライバー平均飛距離ランキング<国内&米国&米国シニアツアー>

前回、ゴルフクラブの飛距離の平均と目安<一覧表>では、アマチュアゴルファーの各クラブ(ドライバーからウェッジまで)の平均飛距離をご紹介しました。

このページでは、最新の国内男子ツアー、米国男子ツアー、及び、米国シニアツアーでプレーする男子プロのドライバーの飛距離(ティーショットの平均飛距離)ランキングを見てゆきたいと思います。ランキングは毎年更新。

尚、掲載している飛距離(数値)は(キャリー+ラン)になります。

キャリー・・・打ったボールが地面に到達するまでの距離
ラン・・・ボールが地面に落ちてから止まるまでの距離

目次

2018年のランキング

2018年のドライビングディスタンス(ティーショットの平均飛距離)のランキングになります。

国内男子ツアー

国内男子ツアーの中で、平均飛距離で一番飛ばしたのは、額賀辰徳プロの302.93ヤード(平均)。

ちなみに、トップ30の選手の平均飛距離(トップ30の選手の飛距離を合計して30で割った数値)は292ヤードでした。

順位 氏名 平均飛距離
1 額賀 辰徳 302.93
2 竹内 廉 301.97
3 I・H・ホ 300.91
4 池村 寛世 296.19
5 池田 勇太 296.07
6 出水田 大二郎 295.57
7 星野 陸也 295.51
8 B・ジョーンズ 294.03
9 塚田 陽亮 293.84
10 黄重坤(ハンジュンゴン) 293.43
11 上井 邦裕 292.66
12 G・チャルングン 292.44
13 嘉数 光倫 292.35
14 永野 竜太郎 292.04
15 川村 昌弘 291.68
16 中里 光之介 291.59
17 秋吉 翔太 290.72
18 大槻 智春 290.5
19 A・クウェイル 290.45
20 薗田 峻輔 289.43
21 小鯛 竜也 289.38
22 石川 遼 289.35
23 藤本 佳則 289.25
24 A・キュー 288.77
25 武藤 俊憲 288.69
26 木下 裕太 288.43
27 D・ブランスドン 288.36
28 岩田 寛 287.91
29 山岡 成稔 287.7
30 李尚熹(イサンヒ) 287.21

※日本ゴルフツアー機構のデータを参照

米国男子ツアー

米国男子ツアーの中で、平均飛距離で一番飛ばしたのは、ローリー・マキロイプロの319.7ヤード(平均)でした。

ちなみに、トップ30の選手の平均飛距離(トップ30の選手の飛距離を合計して30(今回は31)で割った数値)は310ヤードでした。

※T=タイ(同順位)

順位 氏名 平均飛距離
1 ローリー・マキロイ 319.7
2 トレイ・マリナックス 318.3
3 トム・ラブレディ 315.9
4 トニー・フィノー 315.1
5 ルーク・リスト 314.6
6 ダスティン・ジョンソン 314
7 ゲイリー・ウッドランド 313.5
8 ブルックス・ケプカ 313.4
9 バッバ・ワトソン 313.1
10 キース・ミッチェル 312.6
11 ジャスティン・トーマス 311.8
12 ブレンダン・スティール 310.3
13 ケビン・トウェイ 310.1
14 ジェイソン・デイ 310
15 ジェイソン・コクラック 309.5
16 ジョン・ラーム 308.9
17 ケビン・チャペル 308.6
18 ハロルド・バーナー3世 308.2
T19 安秉勲 307.9
T19 ロバート・ガリガス 307.9
21 ニック・ワトニー 307.5
22 グレーソン・マレー 307.3
23 トミー・フリートウッド 306.9
24 J.B.ホームズ 306.1
25 ブライソン・デチャムボー 305.7
26 アダム・シェンク 305.5
27 ライアン・パーマー 305.2
28 ザンダー・ショーフェル 304.9
29 アダム・スコット 304.6
30 マット・ジョーンズ 304.5

※米PGAツアーのデータを参照

米国シニアツアー

米国シニアツアー(PGA TOUR Champions)の中で、平均飛距離で一番飛ばしたのは、ケニー・ペリープロの299.7ヤード(平均)でした。

ちなみに、トップ30の選手の平均飛距離(トップ30の選手の飛距離を合計して30で割った数値)は286ヤードでした。

※T=タイ(同順位)

順位 氏名 平均飛距離
1 ケニー・ペリー 299.7
2 ブラント・ジョブ 296.3
3 スコット・パレル 296.1
4 スコット・マカロン 295.2
5 ケン・タニガワ 294.8
6 ビジェイ・シン 293.7
7 ウェス・ショート・ジュニア 293.4
8 ケビン・サザーランド 290.6
9 ウッディー・オースティン 288.9
10 ダグ・ガーウッド 287.8
11 トミー・アーマー3世 287.4
12 ミゲル・アンヘル・ヒメネス 286.8
13 イェスパー・パーネビック 285.6
14 ティム・ペトロヴィッチ 285.4
15 ダフィー・ルドルフ 284.8
16 ジョン・ヒューストン 284.1
T17 ステファン・エイムズ 283.2
T17 ビリー・メイフェア 283.2
19 カルロス・フランコ 282.5
T20 スティーブ・フレッシュ
282.4
T20 トミー・トルズ 282.4
22 ジョー・ドゥラント 282.1
23 ベルンハルト・ランガー 282
24 ボブ・エステス 281.9
25 ビリー・アンドレード 281.5
26 ゲイリー・ハルベルク 280.8
27 カーク・トリプレット 280.5
28 マイケル・ブラッドリー 280.3
29 リー・ジャンセン 279.8
30 ジェリー・ケリー 279.1

※米PGA TOUR Championsのデータを参照

2017年のランキング

2017年のドライビングディスタンス(ティーショットの平均飛距離)のランキングになります。

国内男子ツアー

国内男子ツアーの中で、平均飛距離で一番飛ばしたのは、C・キムプロの314.24ヤード(平均)でした。

出典:ゴルフネットワーク(www.golfnetwork.co.jp)

ちなみに、トップ30の選手の平均飛距離(トップ30の選手の飛距離を合計して30で割った数値)は293ヤードでした。

順位 氏名 平均飛距離
1 C・キム 314.24
2 T・シノット 307.41
3 C・ニラト 295.67
4 永野 竜太郎 295.60
5 黄重坤(ハンジュンゴン) 295.20
6 K・バーンズ 295.09
7 小田 龍一 294.72
8 A・キュー 294.61
9 星野 陸也 294.18
10 方斗煥(バンドファン) 293.84
11 池田 勇太 293.72
12 出水田 大二郎 292.75
13 小平 智 292.38
14 池村 寛世 292.19
15 B・ジョーンズ 291.88
16 塚田 陽亮 291.72
17 上井 邦裕 291.55
18 S・ハン 290.98
19 岩田 寛 290.77
20 W・J・リー 290.70
21 木下 裕太 290.41
22 文景俊(ムンギョンジュン) 290.39
23 M・ヘンドリー 290.36
24 小林 正則 290.29
25 D・ブランスドン 290.26
26 塩見 好輝 290.16
27 鍋谷 太一 290.04
28 秋吉 翔太 289.16
29 I・H・ホ 289.06
30 小鯛 竜也 288.56

※日本ゴルフツアー機構のデータを参照

米国男子ツアー

米国男子ツアーの中で、平均飛距離で一番飛ばしたのは、ローリー・マキロイプロの317.2ヤード(平均)でした。

Reference: www.telegraph.co.uk

ちなみに、トップ30の選手の平均飛距離(トップ30の選手の飛距離を合計して30(今回は31)で割った数値)は307ヤードでした。

※T=タイ(同順位)

順位 氏名 平均飛距離
1 ローリー・マキロイ 317.2
2 ダスティン・ジョンソン 315.0
3 ブランドン・ハギー 312.7
T4 ライアン・ブレーム 311.5
T4 ルーク・リスト 311.5
6 アンドリュー・ループ 311.3
7 ブルックス・コエプカ 311.1
8 ジャスティン・トーマス 309.7
9 トレイ・マリナックス 309.6
T10 トニー・フィノー 309.2
T10 ケビン・トウェイ 309.2
12 グレーソン・マレー 308.2
13 ゲイリー・ウッドランド 307.6
14 J・B・ホルムズ 307.5
15 アダム・スコット 307.0
16 ザンダー・ショーフェル 306.8
17 ジェイソン・コクラック 306.4
18 パトリック・ロジャース 306.3
19 ジェイソン・デイ 306.2
T20 ジョン・ラーム 305.8
T20 バッバ・ワトソン 305.8
22 ハドソン・スワッフォード 305.1
23 ケビン・チャペル 305.0
24 ジェイミー・ラブマーク 304.9
25 スマイリー・コーフマン 304.8
26 松山英樹 303.3
27 ライアン・パーマー 303.2
28 マット・ジョーンズ 302.6
29 ハロルド・バーナー3世 302.4
T30 ハリス・イングリッシュ 301.9
T30 セルヒオ・ガルシア 301.9

※米PGAツアーのデータを参照

米国シニアツアー

米国シニアツアー(PGA TOUR Champions)の中で、平均飛距離で一番飛ばしたのは、ジョン・デーリープロの297.6ヤード(平均)でした。

Reference: http://golfweek.com/

ちなみに、トップ30の選手の平均飛距離(トップ30の選手の飛距離を合計して30で割った数値)は285ヤードでした。

※T=タイ(同順位)

順位 氏名 平均飛距離
1 ジョン・デーリー 297.6
2 スコット・パレル 296.3
3 スコット・マカロン 295.4
T4 トミー・アーマー3世 295.1
T4 ブラント・ジョブ 295.1
6 ケニー・ペリー 294.2
7 ケビン・サザーランド 289.9
8 ジェイ・ドン・ブレイク 289.0
9 ウェス・ショート・ジュニア 288.9
10 ミゲル・アンヘル・ヒメネス 288.1
11 イェスパー・パーネビック 287.3
12 ダグ・ガーウッド 286.7
13 ボブ・トウェイ 285.8
14 ビリー・メイフェア 284.1
15 ステファン・エイムズ 284.0
16 マイケル・ブラッドリー 283.9
17 トム・レーマン 283.6
18 ウッディー・オースティン 283.3
19 リー・ジャンセン 282.9
20 スティーブ・フルズチ 281.7
21 カルロス・フランコ 281.1
22 ジェフ・マガート 281.0
23 ダフィー・ルドルフ 280.6
24 ベルンハルト・ランガー 280.4
25 イアン・ウーズナム 280.1
26 スコット・ダンラップ 280.0
27 ビリー・アンドレード 279.9
T28 マルコ・ドーソン 279.3
T28 フラン・クイン 279.3
30 デビッド・トムズ 278.5

※米PGA TOUR Championsのデータを参照

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。