ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

ルックアップ、ヘッドアップがスライスの原因か

ルックアップとはインパクト前後で頭や顔がターゲット方向に向いてしまうこと、ヘッドアップは頭が浮いてしまうことを言います。

スライサーの方はこのルックアップ、もしくはヘッドアップをしていることが多いようです。じゃあ、頭を残してスイングすればいいのか?というと、それだけではスライスが直らなかったりします。

この原因というのは複雑で人によって全く違っていたりします。

ただ、この顔の向きを少し工夫してあげると面白いようにスライスが直ることがありますので今回はその方法を少しご紹介したいと思います。

この方法はグリップやアドレスなどができていてはじめて効果が出るのでまずはゴルフ基礎編をご覧いただければと思います。

顔の向きはクラブフェースの向き

ルックアップをすると顔がインパクトでターゲット方向を向いてしまいます。

顔が開いているような状態です。

その時、クラブフェースはどうなっているかというと、やっぱり開いている(ターゲットの右を向いている)。

顔の向きとフェースの向きはある程度関係がありそうです

顔が開いている、ターゲットを向いているとフェースが開くとしたら、その逆をやってあげればフェースもインパクトで閉じるような気がします。

そこで、素振りで結構ですが、トップまでスイングします。

バックスイングで右に回転する際に顔も右へと回転しますね。だから、トップでは斜め右方向を向いているかと思います。

さぁ、ここからダウンスイングに入ります。

トップで顔は右を向いています。この顔の向きを変えないようにして、右を向いたままダウンスイングしてみてください。

インパクト後にグリップが腰の位置にくる程度まで顔は右を向けているイメージ。

ちなみにこの練習をしてスライスを直すなら、ここより先はフォロースルーをとらないもしくは、忘れてもらって結構です。

顔を右に向けたままインパクトするわけですが、これをやってみると、腕を自由に振れるというか、インパクトでフェースを返してゆく動きがやりやすいようになります。

先ほどの顔の向きとフェースの向きは似た動きをする話を思い出していただくと、インパクトで顔がターゲット方向を向いていればフェースが開いてスライス、逆に顔が右を向いたままだと・・・・そうフェースは閉じやすくなるはずです。

スライスを長年打っていた方は、この動きをする際にダウンスイングで右手の平が地面を向いてゆくような意識でスイングしていただけるとさらに効果があるかと思います

この顔の向きを変える方法はあくまでもスライスを直す練習のためであって、実際にはトップでの顔の向きをそのままキープしてボールを打つというのは困難だと思います。

ただ、そういう意識を持ってスイングすると効果がある・・・と僕は思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。