ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

打ったボールが重く感じる、手がしびれる

ゴルフクラブというのは、正しい軌道でスウィートスポットに当たると、ボールがよく飛ぶように設計されています。

打った後に手がしびれているのはスウィートスポットを外している証拠ですし、ボールが重く感じるのもまた、同じことです。

打った時ボールが重く感じられると、もっと強く振らなければならないんじゃないか・・・と錯覚してしまいます

だから、スイングスピードを上げて打とうとしてしまいます。これは誰にでも経験があることだと思うんです。

しかし、スピードを上げて打とうとすると今度はクラブコントロールが乱れてきますから、余計スウィートスポットには当たらなくなります・・。

だから、また振り回そうとして、どんどん調子が悪くなってゆきます。

ヘッドスピードが上がるほどクラブコントロールは難しくなります。
だから、長いクラブは難しかったりします。

ヘッドスピードを上げて打つことは悪いことではないと思うんです。

ただ、順番と言いましょうか、気持ちいいボールを打つには、そんな順番のようなものがあると思います。

軽いボールを打つ?

最初にやるべきことはスウィートスポットでボールを捉えること・・・だと思います。

そのためにはクラブをコントロールしなければなりません。ですから、まずはヘッドスピードを抑えて軽く振りながら、ボールを芯で捉える練習をすることが大切だと僕は思っています。

理想的なのは、こんな順番なんじゃないかなと・・思います。

1.ゆっくり振る
2.ボールを芯で捉える
3.芯に当たるようになってきたら、少しづつヘッドスピードを上げる
4.ヘッドスピードを上げても芯に当たるから飛ぶ

多くの場合、速く振る→芯に当たらない→さらに速く振ろうとする・・・という負の連鎖になったりします・・。

イメージとしては、ゴルフボールというよりも卓球のボールを打つようなイメージで打つと良い・・・ということをゴルフレッスンプロの江連忠氏は語っています。

軽いボールを打つイメージというか、そういうことも余計な力を入れないためのコツなのかも・・知れません。

順番さえ間違えなければ、練習を重ねているうちに初心者の方でもボールを芯で打てるようになります。

考えてみたら、キーボードのタイピングの練習と似ていますね。

いきなり速くタイプしたりするとミスが多くなりますが、ゆっくり正確にタイプできるようになってからスピードを上げてゆけば、速く正確に打てるようになります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。