ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

左利きですが、右打ちにした方がいいですか?

「左利きの息子にゴルフをやらせたいと思っていますが、右打ちでゴルフをさせた方がいいでしょうか?それとも左打ちでいいのでしょうか?」

・・・と聞いていただいたことがあります。

また、野球をやっていた方で野球は左打ちなのだけれど、ゴルフは右打ちでやった方がよいかと悩んでいます・・・という方もいらっしゃいました。

どうしたらいいか・・・の結論を出す前に左利きで右打ちになった人のケース、左利きで左打ちになった人のケースなどを見てみたいと思います。

左利き右打ちゴルファーの話

左利きで右打ちになった有名なゴルファーというと、まずベン・ホーガンを思い出します。

左利きの彼が何故、右打ちになったのかはわかりませんが、ホーガンは右打ちでメジャーで9勝しています。

もう一人は岡本綾子プロです。

彼女は左利きでしたが、ゴルフを始めた時に渡されたクラブが右用だったために、そのまま右打ちになりました。

1987年には、アメリカ人以外では史上初となるLPGAツアー賞金女王に輝いています。

彼女は右打ちになったことについて「選択の余地がなかっただけ」と答えています。

このように左利きでも右打ちで活躍したプロもいるので、一概に右打ちが悪いとは言えません。

もう1つ面白いケースでは左打ちのフィル・ミケルソンです。

彼は父親のゴルフスイングを鏡を見ているかのように正面で真似しようとしたため、右利きにも関わらず、左打ちになりました。

左利きのメジャーチャンピオンの話

2003年のマスターズチャンピオン、マイク・ウィアーという選手をご存知でしょうか。彼は左打ちのプレーヤーです。

もともと左利きだった彼は左打ちでゴルフを始めたのですが、ジュニアの頃、右打ちに変えたらもっとゴルフが上手くなるとアドバイスをもらったそうです。

悩んだ彼はゴルフの帝王と呼ばれたあのジャック・ニクラウスに右打ちにした方がよいのでしょうかという内容の手紙を書きます。

ニクラウスはウィアーに返事を書きました。その時の内容がこれです。

「If you are a good player left-handed, don't change anything - especially if that feels natural to you」(ジャック・ニクラウス)

和訳:

「君が左打ちで優れた選手なのであれば、何も変える必要はない。特にそれが(左で打つことが)君にとって自然だと感じるのであればね。」

ウィアーはそれ以降、右利きにしようなどとは二度と考えることはなかったそうです。

右ではじめるか、左ではじめるか?

さて、色々見てきました。確かに、ゴルフ用品は右利きの方が圧倒的に品揃えは多いし、打ちっぱなしも左打ちの打席は少ないです。

ですから右打ちにした方が便利と言えば、便利・・です。

でも僕は左利きの方に右打ちにした方がいいですよ・・・とはアドバイスしないと思います。

ジャック・ニクラウスの話ではありませんが、ご自分が自然だと思える方を選択した方が良いのではないかなと・・思うからです。

冒頭の息子さんが左利きの場合も、まずは左打ちではじめてみてもいいと思います。

ただ、右利きで野球は左打ちだけど、ゴルフはどうしようか・・・と悩んでいる方のケースは、右も試してみてもいいかも知れませんね。

両方試してみて、より自分にとって自然だと感じられる方を選択するのがよいのではないかなと、僕は思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。