ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

シャローフェースとディープフェースのドライバー

シャローフェースやディープフェースというのはフェース高が低いか、高いかを示しています。シャローフェースはフェースの厚みが薄く、ディープフェースは厚みのあるフェースのことです。

まず一般的に言われることですが・・・

1)ディープフェース

・スピンを抑えた力強いボールを打ちやすい
・ボールは上がり難い

2)シャローフェース

・重心を低く抑えることができるのでボールが上がりやすい
・フェース上下のミスには弱いが、左右のミスに強い

・・・といったことが言われています。

ドライバーショットではバックスピンが時々邪魔をします。バックスピンがかかりすぎると、吹け上がってしまい飛距離が出ません。そこでスピンを抑えたボールを打つことで飛距離を出してゆくわけですが、スピンを抑えたボールを打つにはいくつか方法があります。

その1つが重心よりも上でボールを打つこと。すると高弾道でスピンが抑えられたボールを打つことができます。

ディープフェースドライバーの場合、重心は高いですが、フェースに厚みがありますので、重心よりも上の部分のスペースが広くなりますから、そういったスピンを抑えたボールを打ちやすくなると言われています。

だから、ディープフェースがおすすめかというと、そうではなくて、シャローフェースのドライバーはボールが上がりやすいという利点もあります。

ボールの弾道が低すぎると考えている方はロフト以外にも(リアルロフトとオリジナルロフト、表示ロフトの違い参照)シャローフェースのドライバーを選ぶことも検討してみてもいいかも知れません。

打ちやすさに関しては、シャローフェースの方が簡単という意見が一般的です。ですので、ボールの高さを抑えたい、バックスピンを抑えたい場合はディープフェース、ボールをやさしく上げたいと考える場合はシャローフェースという風に考えてもいいのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。