ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

ユーティリティの選び方

以前はロングアイアンが主流でしたが、今ではロングアイアンを抜いてユーティリティやフェアウェイウッドを入れるゴルファーが多くなってきました。

ユーティリティはロングアイアンよりも打ちやすくボールも上がりやすいので、積極的に活用していきたいクラブだと思います。

1.重量について

さて、まずは重量ですが、軽くて振りやすいクラブがいいかというとそうではなく・・・ドライバーの選び方でもご紹介させていただきましたが・・・ボールにより大きなエネルギーを伝えるには、ヘッドが重い方が有利です

ただ、重ければ重いほどよいわけではなく・・・振れる範囲で適度な重さのあるクラブを選ぶことが大切になってきます。

適度な重さというのもゴルファーによって違ってくると思いますが、目安としては少し重く感じるかなという程度のクラブを選ぶこと・・だと思います。

2.シャフトの硬さ

シャフトの硬さですが、一般的にはヘッドスピードが速い人は硬めのシャフト、それ以下の人はレギュラーシャフトや柔らかいシャフトがいいと言われています。

目安としてはドライバーのヘッドスピードが43m/s未満の方ならRシャフトが良いと思います。それ以上であれば、Sシャフトがおすすめです。

硬すぎるシャフトだとダウンスイングで手首のコックが早くほどけてしまいタメを活用できません。シャフトにも適度なしなりが必要で、そのしなりがあるからこそ力の弱い人でも力が強い人のように飛ばせるようになります。

シャフトについては、シャフトの選び方一覧も参照いただければ幸いです。

3.ユーティリティにするか、ショートウッド(フェアウェイウッド)にするか

これについては「ショートウッド(フェアウェイウッド)とユーティリティのどっちを選ぶ?」で詳しくご紹介していますのでそちらも参照していただければ幸いです。

4.ウッド型とアイアン型の違い

ユーティリティにも大きくわけてウッド型とアイアン型があります。ウッド型は名前の通りウッドのような形のヘッドをしているのが特徴です。

このウッド型の利点は、重心深度がアイアン型よりも深くなるのが特徴です。ということはボールは上がりやすくなります。ヘッドスピードが遅い人から平均的なスピードの方にもおすすめできるクラブだと思います。

アイアン型はウッド型に比べると重心深度が浅いのが特徴。そのため、バックスピンを抑え、ボールもウッド型に比べると高く上がりません。ですので、ヘッドスピードが速く、ウッド型だとボールが上がりやすいような方にはこのアイアン型がおすすめです。

アイアン型の場合は、アイアンのように見えるので安心感があり、実際、ボールを左右に打ち分けたりすること、フェースコントロールという意味ではウッド型よりも操作しやすいクラブと言えると思いますから、ボールをコントロールしたい・・・という方にはおすすめかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。