ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

グースネックのアイアンの利点と欠点について

グースネックとはシャフトに対してフェース部分が後方になるようにしたネックの形状のことをいいます。

ネックが曲がっている様子がガチョウの首のように見えたためにそう呼ばれるようになりました。

グースネックは構えた時にシャフトの延長線上よりも後ろにフェースがきます。

するとどうなるかというと、ボールのつかまりがよくなります。

そのため、振り遅れてしまうことが多いゴルファーの方やつかまりが悪い方、スライサーの方などには使い勝手のよいアイアンです。

また、シャンクに悩んでいる方にもグースネックのアイアンはおすすめかなと思います。

何故つかまりがいいのか?

何故グースネックがつかまりがよくなるかというと、それは重心角にも関係しています。

重心角とは例えばクラブを机などの上に置いてもらった場合に、フェースがどの方向を指すか、またその角度がどのくらいであるかを示す数値です。

フェースが地面に対して垂直に近づくほどに重心角は小さくなります。

その逆だと重心角は大きくなります。

グースネックのアイアンはこの重心角が大きくなる傾向があります。重心角は大きいほどにつかまりがよくなります。

ストレートネックのアイアンは重心角が小さくなる傾向にありますから、グースネックに比べるとつかまりも悪くなるのです。

欠点について

グースネックもよいことばかりではありません。

勿論ですが、欠点もあります。

欠点としては、グースネックはつかまりがよくなるものの、その反面フェースが開き難くなります

ということは、ドローやフェードを打ち分けるのがやや難しくなるということになります。

つかまりはいいのですが、逆に操作性も落ちてしまう。

そのため、上級者やプロなどはドローもフェードも打ち分けるためにストレートネックのアイアンを選ぶことがあります。

ストレートネックのアイアンは重心角が小さめでつかまりもグースネックに比べれば悪いですが、その代わり操作性はアップします。

選び方としては、

・スライスが出る
・シャンクが出る
・つかまりが悪い

・・・という方はグースネックのアイアンがおすすめ。

・ドロー、フェードを打ち分けたい
・ヘッドの操作性にこだわりたい

・・・という方はストレートネックのアイアンの方が相性が良いかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。