ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

アイアンの選び方 7つのポイント

ゴルフショップに行くと多くのアイアンがディスプレイされていて、どのアイアンを選んだらいいのか迷うところです・・

一番困るのは、ある人にとって良いと思ったアイアンが自分に合うとは限らない・・・ということでしょうか。

ただ、アイアンの選び方にもコツがあって、自分に合うアイアンを探すためのポイントというものがあります。

そのポイントを押さえてしまえば、案外簡単に自分に合うアイアンと出会えるかも・・知れません。

そのポイントと選び方のコツについて早速見てみたいと思います。

目次

1.ライ角について

ライ角はアイアンを選ぶ上でとても重要なポイントになってきます。

というのも、間違ったライ角、もしくは自分に合わないライ角のアイアンを選んでしまうといくらスイングがよくてもまっすぐに飛ばない・・・ということになるからです。

下記はライ角を示した図ですが、この↓の角度が大きいものはアップライト、逆に少ないものはフラットということになります。

ライ角ですが、アイアンを構えた時にソールが全部地面についているのが自分に合っているのでは・・・と思ってしまいがちです。

しかし、もしアドレスした際にソール全体がぴったり地面についていたとすると、そのクラブは自分にとってフラットすぎる可能性があります。

フラットすぎるということは、ボールが右にいきやすい、スライスや右へのすっぽ抜けなどが多くなるということです。

(自分にとって)正しいライ角のアイアンの場合、アドレスでソールした際に、トゥ側が少し浮くのが正解です

アドレスではトゥ側が浮いていても、ダウンスイングに入ってインパクトに来た際には、トゥダウン現象という力が働いてクラブのトゥ側が遠心力によって少し下がります。

そのため、アドレスではアイアンのトゥ側が少し浮いている必要があります。(正しいライ角の選び方については後述します。)

↑構えた際にトゥが浮いている状態

↑インパクトでは「トゥダウン現象」によってトゥ側が下がる

 

ちなみにスライサーの方は少しアップライト気味のアイアンを選ぶことでまっすぐなボールが打ちやすくなりますし、フックを打っている方はアップライトのアイアンは避けた方が無難かも知れません。

また、アイアンの場合、購入した後でもライ角の調整ができるものがありますので、そういったタイプのアイアンを選んでおくと後々ライ角が合わないから買い換える・・・という必要が出てこなくて済みます。

ライ角調整は軟鉄鍛造のアイアンであれば基本的にはできると思います。

フォージドアイアンとは?鍛造と鋳造の違いは?

それ以外の場合、ライ角調整ができないこともありますので注意してください。

アイアンのライ角について。正しいライ角を見極めるには?
アイアンのライ角がショットに与える影響とは?

2.キャビティかマッスルバックか、それとも中空か?

これについては「キャビティ、マッスルバック、中空アイアンのメリット、デメリット」で詳しくご紹介していますので、そちらを参照ください。

3.重量について

アイアンの重さはクラブを選び際には重要なポイントの1つとなってきます。

重すぎるアイアンではクラブが振れませんし、逆に軽すぎてもショットが安定しなかったりします。

また、重さはトップやダフリとも関係してくると指摘する専門家もいます。

例えば、クラブが重すぎるとダウンスイングでコックがクラブの重みで早くほどけてしまいダフリやすくなってしまいます。

逆にクラブが軽すぎる場合は、ダウンスイングでコックがなかなかほどけずにインパクトまで来てしまいトップしやすくなる・・・と言われています。

勿論、トップダフリなどは技術的なことが大きく左右しますが、使用しているクラブに関係していることもあるようです。

それから、軽すぎるアイアンはやはり避けた方が無難です。

ドライバーの選び方でも書かせていただきましたが、ボールにより大きなエネルギーを伝えるには、ヘッドが重い方が有利です

つまり・・・軽すぎるアイアンはヘッドスピードは上がるかも知れませんが、ボールに伝えることのできるエネルギーが大きくならず・・結局飛距離も落ちてしまったりするかも知れません。

勿論、アイアンは飛ばすだけが仕事ではなくて、正確性が求められるクラブですが・・・それでもある程度の飛距離は欲しいものです。

こういったことを総合的に考えると、自分が振れる範囲でちょっと重いかな・・・位の重量が1つの目安になると思いますし、その位のクラブですと飛距離も出てスイングも安定するのではないかなと・・思います。

4.カーボンシャフトかスチールシャフトか

重さについてはシャフトをカーボンにするかスチールにするか・・・という選択肢もあります。

基本的な考え方としては、

・スチールシャフト・・・ヘッドスピードが速い人向き
・カーボンシャフト・・・ヘッドスピードが遅い人向き

・・・ということになりますが、プロでもアイアンにカーボンシャフトを使用する人もいますから、一概にヘッドスピードが速いからスチールがいい・・・とは言い切れません。

また、ヘッドスピードが平均的であっても、スチールシャフトには軽量化されたモデルもありますから、そういったものを選ぶ・・・という手段もあります。

スチールにすれば重量も一般的には増しますが、アイアンを振った感じ、若干重いかな程度であればスチールを選択するというのもありだと思います。

5.ヘッドの大きさ

アイアンを選ぶ際のもう1つの重要なポイントはヘッドの大きさです。

大きなヘッドを選ぶか、小さなヘッドを選ぶか・・

上級者やプロ向けのモデルは小型のヘッドが多いものですが、こういったアイアンを使ったら方向性がよくなったりするのでしょうか・・?

答えはノー・・・なんです。

それには慣性モーメントというものが大きく関係しています。

慣性モーメントとは簡単に言うとヘッドがその動きが保とうとする力のことをいいます。

慣性モーメントの大きなヘッドはスイートエリアも大きく、逆に慣性モーメントが小さいクラブはスイートエリアも小さくなります。

大型ヘッドの場合、この慣性モーメントも大きくなりますから、方向性も安定する・・・というわけです。

ですから、初心者の方や中級者の方は大型ヘッドが方向性もよくスイートスポットも広くなりますから、おすすめです。

小型ヘッドはヘッドの操作性が上がりますが、クラブを自在に操りたいと思う上級者の方以外にはスイートスポットも狭く難しいクラブになります。

ただ、上級者の方でドローボールやフェードボールを打ち分けたい・・・という方にとってはうってつけのクラブになると思います。

6.アイアンの幅広ソールってどうなの?

アイアンの中にもソールの幅が広いものもあれば、狭いものもあります。

一般的なことを言えば、幅広ソールのアイアンは初心者にとってやさしく、ミスにも強い傾向にあります。

中には超幅広ソールを採用するモデルもあります。

幅広ソールにした場合なぜやさしくなるのか・・・というと、それは幅を広くすることでヘッドの下部に重量をもってきやすくなり、重心の位置(重心深度)も後ろに下がるからです。

これでどうなるかというと、ボールが上がりやすくなったり、ミスにつよくなります

つまり、芯を多少はずしてもそれなりに飛んでいってくれるわけです。

他にも利点があります。ソールが広くなることで芝の上を滑りやすくなりますので、少しダフったとしても、ソールが滑ってくれてそれなりのボールが打てたりします。

ですから、やさしさを求めるなら幅広ソールのアイアンを選ぶといいのかなと思います。

ただ、幅広ソールになればなるほど良いかというと・・・そうではなく、ヘッド(もしくはフェース)の操作性が落ちます。

ある程度技術のある方であれば、むしろ操作性を重視して幅広ソールは避けた方がよいという場合もあると思います。

7.つかまりや芯に当たる確率?

アイアンを試打して購入する機会がある場合は、どうしても一発の会心の当たりを判断基準にしてしまいがちです。

あの一発はすごくよかった・・・だからあのアイアンにしよう・・・という風に。

しかし、ゴルフはやはり確率のゲームです。

アイアンを選ぶ際は素晴らしい一発のあたりよりも10球打って平均してどのような当たりだったか・・・ということを重要視した方がいいのかも知れません。

また、つかまりなどに関してはネックの形状なども関係してきます。

これについてはまた後程詳しくご紹介したいと思います。(グースネックのアイアンの利点と欠点について参照)

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。