ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

フォージドアイアンとは?鍛造と鋳造の違いは?

ゴルフショップなどでアイアンを見ていると、「フォージドアイアン」(FORGED)という記載があったりします。

このフォージドアイアンを好んで選ばれるゴルファーの方もいらっしゃいます。

このフォージドとは何なのか?ということなのですが、これは鍛造(たんぞう)のことを指しています。

鍛造(たんぞう)と鋳造(ちゅうぞう)の違い

アイアンの製法には大きくわけると

1)鍛造(たんぞう)
2)鋳造(ちゅうぞう)

・・・があります。

フォージドアイアンのフォージドとはこの1)の鍛造(たんぞう)製法で作られたアイアンのことを指します。

1)鍛造(たんぞう)とは?

鍛造(たんぞう)とは辞書で調べると、「金属素材を加熱し、ハンマーやプレスでたたき、成形し靭性(じんせい)を与えていく加工法」(デジタル大辞泉)とあります。

鍛造(たんぞう)の鍛は鍛える・・・という意味ですが、金属に力を加えて鍛えて強くして作る・・・そんな意味があります。

もっと簡単に言うと、金属に力を加えて叩きながら、ヘッドの形を作ってゆく・・・そんな製法です。

鍛造(たんぞう)アイアン、つまりフォージドアイアンの良さは、一般的には打感が良い、やわらかい・・・といったことがよく言われます。

また、「軟鉄鍛造」・・・と記載されているものもありますが、これは軟鉄(やわらかい鉄)を使って鍛造製法で作られたものを言います。

軟鉄鍛造のアイアンは素材がやわらかいため、曲げてライ角を調整しやすい・・・という利点もあります。(素材がステンレスでもライ角調整できるアイアンもあります)

ちなみに鍛造(たんぞう)だからといって、素材が全て軟鉄とは限らず、ステンレスを使って鍛造(たんぞう)で作られたアイアンもあります。

その場合もフォージドアイアンと記載されます。

2)鋳造(ちゅうぞう)とは?

鋳造(ちゅうぞう)とは辞書で調べると、「金属を溶かし、鋳型に流し込んで物をつくること」(デジタル大辞泉)とあります。

溶かした金属を型に流し込んで作る・・・そんな製法です。

「ロストワックス」と記載されていることもありますが、これは鋳造製法で作られていることを意味しています。

鋳造(ちゅうぞう)の良さは、型に素材を流し込んで作るため、複雑な形のものを作ることができたり、鍛造(たんぞう)では作れないような硬さのある素材を使うことができたり、複数の素材を組み合わせやすかったり・・・といった点が挙げられると思います。

フォージドアイアンは上級者向けなの?

一般的には、鍛造(たんぞう)は上級者向けだったり、難しいクラブ・・・という印象があるかも知れませんし、鋳造(ちゅうぞう)はやさしいクラブ、飛ぶクラブ・・・そんな印象をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。

打感の良さ・・・ということを考えたら、軟鉄鍛造(フォージドアイアン)がよいかも知れませんが、ただ、鋳造(ちゅうぞう)であっても打感がやわらかいモデルも沢山あります。

打感というのは、「フェース面の厚みが強く影響する」・・・クラブの試打&レポートで当サイトでもよくご紹介させていただいているマーク金井さんはそんな風に語っていらっしゃったことがありました。

フォージドアイアンは上級者向け・・・という印象をお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、先程申し上げた通り、軟鉄鍛造のアイアン(フォージドアイアン)はライ角が調整しやすい・・・という利点もあります。

それは上級者だけでなく、初心者の方にとっても大きな利点だと思うんです。

ライ角というのは、特にアイアンの場合は僕は一番重要な要素といっても過言ではないように思っていて。

また、フォージドアイアンであっても、やさしく打てるように設計されたクラブもありますので、試打してみる価値はどんなレベルの方であってもあるように僕は思っています。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。