ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ハンドアップをハンドダウンに変える

ハンドダウンとハンドアップではそれぞれの利点や欠点についてご紹介させていただきました。今回はハンドアップで握っていたゴルファーの実例をもとにハンドアップの直し方について少しご紹介させていただきたいと思います。

以前にもご紹介しましたが、ハンドダウンはそのままでも良いケースがありますが、ハンドアップに関しては直す必要があると僕は思っています。

ハンドアップが癖になってしまっていたゴルファー

この方は僕の知人で、女性ゴルファーでしたが、彼女はゴルフを始めた頃からハンドアップに構えることが癖になっていました。

その理由の1つとして、彼女はアドレスでクラブを握る際、クラブの(ソールの)トゥからヒールまで全部地面につけた状態でグリップしようとしていたことが考えられると思います。

このように構えると自然とハンドアップになります。

しかし、実際には、ゴルフスイングには遠心力がかかりますので、インパクトではトゥ側が下がるトゥダウン現象というものが起こります。ですから、それを最初から予測して構えておく必要があるのです。

さて、彼女のスイングですが、バックスイングはフラットでトップではシャフトがクロス(ターゲットよりも右を指すこと)、ダウンスイングはアウトサイドからのカットスイングになっていました。

グリップを変えても、チーピンしか出ませんでした。

彼女のアドレスを見させてもらうと、両手の位置が随分と高かったのです。つまり、ハンドアップで構えていたんです。

そこでハンドアップを直すためにまず、フィンガーグリップに変えてもらいました。フィンガーグリップが出来ていれば、ハンドアップにはなり難くなります。グリップの位置(ハンドアップ、ダウン)は握り方に大きく左右されるからです

さらに癖を直すために、グリップを握る際はアドレスをとった後に、(前傾姿勢をとった後に)クラブヘッドのヒール部分を地面につけ、トゥを浮かせた状態で握ってもらいました。

彼女の場合はトゥの下に10円玉が数枚程入る位、トゥを浮かせるようにしてもらいました。

これは彼女にとっては随分とハンドダウンに構えているように感じたでしょうが、実際にはハンドダウンに感じただけで、ハンドダウンではありません。(このページのタイトルもハンドアップをハンドダウンに変えるにしましたが、実際には最初の位置よりも両手の位置を下げた・・・という意味でタイトルをつけました。)

そしてそのグリップに慣れもらった後に打ったボールは以前に比べてインパクトの音がすでに違っていました。(グリップについてはゴルフ基礎編グリップの握り方も参照下さい)

フックグリップにしていましたので、ボールは大きく左に曲がってはいましたが、それについては問題ありません。

フィンガーグリップのまま、今度はグリップを握る際、左手のこぶしの山が3個半→3個→2個半といったように左手を調整してもらいました。

打ったボールを見ながら、ストレートに近いボール(軽いドローボール)が出る程度までグリップを調整していったのです。

インパクトの感覚が今までに感じたことのないものになって、「やっとスウィートスポットに当たると軽く感じることが分かった!」

彼女はそう言ってくれました。

グリップというのは少し変えただけでも、その方法がその方にとって正しいものであれば、大きな結果となることが多いようです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。