ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

左手のこぶしの山で正しいグリップをチェックする

さて、前回は左手3本指の握り方についてご紹介させていただきました。

今回は左手のグリップを握った際に見える左手のこぶしの山について少し詳しくご紹介させていただきたいと思います。

アドレスをした際に左手のグリップを見て、その見えている、こぶしの山の数を数えることでスクウェアグリップフックグリップウィークグリップかどうかがわかります。

ニュートラル(スクウェア)グリップという言い方をゴルフではしますが、僕はあまり好きではありません・・。なぜなら、その人その人によってのスクウェアは違うと思っているから・・です。

しかし、1つの基準として今回はご紹介させていただきたいと思います。

スクウェアグリップ、ウィークグリップ、フックグリップの違い

ご自分のグリップがスクウェアグリップ、ウィークグリップ、フックグリップのどれか・・・ということをチェックする方法があります。

まず、いつものようにグリップを握り、アドレスをしてみます。できたら、ボールを地面に置いて、本番(コース)の時と同じようにしてアドレスをとります。

この状態でグリップや体を動かさずに、左手をみます。
そして、左手のこぶしの山がいくつ見えるかを数えます。

昔はこぶし2個や2個半が良いと言われていた頃もありますが、僕はこぶし3つをお勧めします。

特にスライサーの方、飛距離不足を感じている方は、こぶしの山が3つかもしくは3つ半見えるように握り方を変えてみることがおすすめです。

この時左手の3本指もポイントになってきます。それについては、左手3本指の握り方を参考にしていただければ幸いです。

こぶしが3つ、もしくは3つ半見えるようにグリップできたら完成です。

これを基本に2つや1つしかこぶしの山が見えないグリップをウィークグリップと仮定します。

4つ見えたらフックグリップです。

2つしか見えないグリップ、つまり、ウィークグリップではスライスが出やすくなります。このグリップだとインパクトでフェースが開きやすくなります。

4つ見えるフックグリップはその名のとおりフックがでやすくなります。このグリップは逆にフェースがインパクトで閉じやすくなります。

まずは左手のこぶしの山、3つを基準としてみてもいいのかなと僕は思っています。

そしてそこから2個半であったり3個半といった風にご自分のスイングもしくは球筋に合わせて調節してみてもいいのではと思います。

グリップを変えてみたら、実際に練習場で打って、どんな球筋になるかをそれぞれ確認します。打った球がそのグリップが自分に合っているかをある程度、教えてくれると思います。

ただ、グリップというのは変えるのがとても困難です。やっぱり誰もが、自分が慣れている握り方でグリップしたいものだと思います。

意を決してグリップを変えてみたけど、少しすると前のグリップに戻っていた・・・なんてこともあると思います。

でもそこは、根気強くやってゆくしかないと思います。おすすめは、ゴルフクラブを7番アイアンでもなんでもいいですが、1本ご自宅のリビングなどに置いておいて、テレビを観ながらグリップを握る練習をすることです。

これはよくトッププロでもやっていることで、タイガー・ウッズなどはそうやってグリップの練習をするそうです。最初は違和感があるかも知れませんが、徐々に慣れてゆくと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。