ホーム > ゴルフ基礎編 >
ゴルフ基礎編

ウィークグリップとは?

ゴルフではグリップの握り方を区別するために、スクウェアグリップフックグリップ、そしてウィークグリップというような呼び方をします。

今回はその中でもウィークグリップについてご紹介させていただきたいと思います。

スライスが出やすいグリップ

ウィークグリップのウィークとは、「弱い」という意味がありますが、このグリップは一般的にスライスが出やすく、飛距離が出ないグリップです。

この逆がフックグリップ、もしくはストロンググリップになります。このグリップの場合は一般的にはフックが出やすく、飛距離の出ないスライスに比べて、フックボールですので飛距離は出やすくなるかも知れません。

スクウェアグリップはこの中間で、一般的にはストレートボールが出やすいグリップということになります。

ただ、大事なのは、自分にとってそのグリップがウィークグリップ、つまりスライスが出やすいグリップなのかどうか?ということになるかと思います。

一般的にはウィークグリップでも、そのグリップでストレートボールを打つ人もいますし、このグリップで活躍したトッププロもいます。

そういう人たちにとって、それはウィークグリップではなく、彼らにとってのスクウェアグリップだった・・・ということになると思うんです。

どう握っているとウィークグリップなのか?

といっても、1つの目安というか基準として、一般的にはどんなグリップだとウィークグリップと呼ばれるかをご紹介したいと思います。

ポイントは左手のグリップです。

ボールを前にして構えた際に左手を見てみます。その際にこぶしの山が2個、もしくはそれ以下だった場合はそれは一般的にはウィークグリップです。

このグリップだとスイング中にフェースが開きやすく、スライスが出やすくなります。スライスを直そうと思うと、引っ掛けが出るようになります。

もし、このグリップでスライスが出る場合は、左手のこぶしの山が2個半から3個程度見えるように左手を右に回転させてから握り直してみてください。

それでもスライスが出る場合はさらに左手を右に回転させてみます。

右手のチェックポイントですが、右手の人差し指と親指の間でできるVの字があごを指している場合は、それはウィークグリップです。この場合も左手をどの程度右に回転させたかによりますが、右耳から右肩の間を指すようにしてみます。

右手の人差し指と親指のV字が右を差すほどに、インパクトでフェースが閉じやすく、スライスが改善されると思います。

グリップを変えずにスイングを変えても効果は薄い

グリップがウィークグリップであることを知らずに、ゴルフスイングばかり変えようとする方もいらっしゃって、僕も同じようなことをずっと続けていた頃があります。

スイングをどう変えるか、どうクラブを振るか・・・ということはゴルフ雑誌などでも頻繁に語られていて、そんなものを読むと、とても効果がありそうに思えてしまいます。

しかし、ここではっきりと書かせていただきますが、ウィークグリップのままスイングをいじっても、効果は殆どないと思います。

もしかしたら、ストレートボールが打てるようになるかも知れません。でも、飛距離はかなり犠牲にすると思うのです。

ウィークグリップをフックグリップに変えてドライバーの飛距離が40ヤード以上伸びたという方も実際に知っています。それだけ、グリップというのは大きな影響を与えるものだと思うのです。

ただし、一般的にはウィークグリップでもそのグリップでストレートボールが打てるのであれば、変える必要はないと思います。勿論、飛距離もしっかりと出ることが前提ですが。

プロの中にも、もともとフックが持ち球で、フックを抑えるために、左手をウィークグリップにしている人もいます。そういう意味ではフッカー向きのグリップかも知れません。

フックに悩まされている方は左手の握り方を今一度見直してみるとよいかも知れませんね。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。