ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

テンフィンガーグリップの本当の利点と欠点

テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップとも言います)は10本指で握るタイプのグリップ方法ですが、このグリップは力のない女性や年配のゴルファーに向いていると一般的には言われます。

でも、僕はそれ以外の方であってもおすすめできるグリップだと思っています。

ゴルフのグリップの3つの種類と利点・欠点でもご紹介しましたが、このグリップの利点と欠点は:

【利点】

・右手、左手どちらが主導でも振りやすい
・小指をからめたり、重ねたりしないので、初心者の方には違和感が少ない
・飛距離が出やすい

【欠点】

・慣れないと一体感が持てない
・一般的なグリップではないので、お手本が少ない

全部の指でグリップを握るので、力を出しやすいのがテンフィンガーグリップの利点と言われていて、だからこそ非力な女性やシニアゴルファーにおすすめのグリップと言われています。

僕はさらに他の利点があると思っています。それは、

・右手を使いやすい
・手首のコックを使いやすい
・クラブをコントロールしやすいグリップである

・・・という点です。

オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップと違って、テンフィンガーグリップは両手の一体感が持てないというのが欠点と言われていますが、そもそも僕はグリップの一体感というものが本当に必要なのだろうか?と疑問に思うところがあります・・。

それよりも右手と左手の役割が明確にわかるというか、その役割の違いをグリップしながら感じられるグリップの方がよいのではないかと・・・思うんです。

テンフィンガーで活躍したプロゴルファー

実はテンフィンガーグリップで活躍したプロゴルファーもいます。PGAツアーで複数回にわたって優勝を重ねたボブ・エステスという選手はテンフィンガーグリップでした。

少し昔の話をすれば、全米プロで優勝したボブ・ロズバーグというゴルファー(後に米ABCスポーツの解説者となる) もテンフィンガーグリップ。

世界ゴルフ殿堂入りを果たした米LPGAツアーのベス・ダニエルも同じようにテンフィンガーグリップだったのです。

グリップを変えてスライスを克服したゴルファー

以前、スライスで悩んでいた方がいました。その彼に両手のグリップを離して(右手の一部がシャフトにかかるくらいまで左手から離して)握ってもらいました。

素振りをする時にフェースの向きがスイングの間、どこを向いているのかを意識してもらった所、通常のグリップ(彼の場合はオーバーラッピング)では感じられなかったフェースの向きが分かったと彼は僕に言いました。

今度はその右手の位置を元に戻してもらいましたが、右手の小指はグリップに触れた状態(テンフィンガーグリップ)で同じようにフェースがスイング中(特にダウンスイングからインパクトにかけて)どこを向いているのかを感じとってもらいましたが、同じようにフェースの向きが分かったというのです。

そのフェースの向きがインパクトで閉じることだけを意識して打った彼のショットは力強いドローボールでした。

彼はもう1つ、手首のコックを使いやすいという点に気づいたようで、ヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びたと後に教えてくれました。

このグリップの欠点は飛距離は出るけど、手を使いやすく、ショットがブレることだと当時の僕は思っていたのですが、彼はむしろコントロールが良くなったと僕に言いました。

右手が使いやすく、そして何よりフェースの向きをスイング中に感じやすくなったためにコントロールが良くなったのではないかなと・・・思いました。

それから僕はこのグリップに対する考え方も変わってゆきました。
飛距離も出て、コントロールもできるグリップ、今ではそう思っています。

勿論、個人差があると思うんです。上記の彼のように誰もがこのグリップが合っているとは思いません。ただ、試してみる価値はあるのかな・・と。

特にスライサーの方や飛距離不足を感じている方、女性の方、初心者の方、シニアの方やショットが左右にブレる方・・・などは一度は試す価値があるグリップだと僕は思います。

勿論、プロの間などではマイナーなグリップ方法ではありますし、ゴルファー全体を見てもテンフィンガーグリップで握っているゴルファーは少ないのが現状だとは思います。

ただ、何が良いとか、何が常識だとか、何が当たり前だとかということは、時と共に変わっていってもいいのかなと・・・思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。