ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

フックグリップ(ストロンググリップ)の握り方と利点・欠点

よくゴルフではフックグリップとかスクウェアグリップウィークグリップという言葉を耳にします。今回はその中でもフックグリップについてご紹介したいと思います。

フックグリップはストロンググリップとも呼ばれますが、その名前の通り、一般的にはフックが出やすいグリップになります。

実際にフックを打っている方を見ると、多くの方がフックグリップでクラブを握っています。

スライスを直すのに、フックグリップにしてもいいか?

スライスを直すために、グリップをフックグリップに変えてもいいでしょうか?そういう疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。

僕はその考え方には賛成です。

多くの方はグリップを変えずにスイングを変えることでスライスを直そうとされますが、グリップを変えないで本当の意味でスライスを矯正できた人を僕は見たことがありません。

一般的なスクウェアグリップで握っているのだから、それでもスライスするのはグリップが原因ではなくて、スイングに問題があるのではないだろうか・・?そう思われる方もいらっしゃると思います。

でも1つ問題があります。それはスクウェアグリップというのは、全ての人にとってストレートボールが打てるグリップではない・・・ということです。

ですから、ある人にとってそれはストレートボールが打てても、僕にとってはそれはスライスが出やすいグリップかも知れません。

実際、ゴルファーの殆どはスライサーです。その原因は、スクウェアグリップの基準そのものにもあるのではないかと僕は思っています。

フックグリップの握り方とその定義

さて、ここでは一般的なフックグリップの握り方や定義についてご紹介したいと思います。先ほども申し上げた通り、このグリップがある方にとってはスクウェアグリップ(ストレートボールが一番打ちやすいグリップ)であることもありますので、あくまでも一般的な考え方ということでご理解ください。

まず、左手のグリップをチェックします。

ボールを前にして構えた後に左手を見てみます。その際に、左手のこぶしの山が3つまたはそれ以上見えた場合はそれは一般的にはフックグリップです。

左手の人差し指と親指の間でできるV字がありますが、これが右肩の辺りを指していれば、それはフックグリップです。

スクウェアグリップの場合は左手のこぶしの山が2個半見えるはずです。左手の人差し指と親指の間でできるV字は右耳の辺りを指すと思います。

次に右手ですが、フックグリップの場合は右手の人差し指と親指の間のVの字も右肩の方を指すと思います。

このようなグリップだと、一般的にはゴルフスイング中にクラブフェースが閉じやすく、フックが出やすくなります。

ですから、フックで悩んでいる方は、まず左手のグリップをスクウェアグリップにしてみるとよいかも知れません。右手の握り方は両手の平は平行にを参考になさってください。

当サイトではフックグリップをおすすめしています

とは言え、殆どのゴルファーがスライサーであることを考えると、むしろ、一般的に言われるスクウェアグリップは殆どの方にとってはウィークグリップではないかと僕は思うのです。

一般的なスクウェアグリップでは多くの方がスライスを打つと思います。

だからこそ、当サイトではスライサーの方や初心者の方にはまずフックグリップをおすすめしたいと思います。先ほど書いたように、左手のこぶしの山が3個から3個半見える程度のフックグリップがおすすめです。

左手の人差し指と親指のV字は右耳から右肩の間を指すようにします。右手の人差し指と親指のV字は右肩の辺りを指すようにしてみてください。

初心者の方でこのグリップで打った際にフックが出るという場合に、はじめてスクウェアグリップを試してみることをおすすめします。

もし、本当にスクウェアグリップで殆どの人がストレートボールが打てるなら、殆どのゴルファーはストレートヒッターということになります。でも実際はそうではなくて、スライサーの方ばかりです。

そう思うと、やはりスクウェアグリップそのものを疑わなければならないのかも・・・知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。