ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ゴルフのグリップの3つの種類と利点・欠点

ゴルフクラブの握り方(グリップの仕方)には大きく分けて3種類あります。

①オーバーラッピンググリップ
②インターロッキンググリップ
③テンフィンガーグリップ

基本的にはどの握り方でもいいのですが、それぞれのグリップには特徴や利点、欠点があります。

その点を踏まえた上でご自分に合ったグリップの握り方を探してみても、いいのかも知れません。

オーバーラッピンググリップ

これはもうご存知の通り右手の小指が左手にオーバーラップする(重なる)グリップ。一番一般的なタイプのグリップです。アマチュアだけでなく、プロの間でも一般的なグリップになります。

【利点】

・左手主導でスイングしやすい
・多くの人が使っているので真似しやすい

【欠点】

・右手の動きを時によって妨げる
・手が小さい人には向いていない

インターロッキンググリップ

右手の小指が左手の人差し指と中指の間にロックされたように握るグリップ。

タイガー・ウッズやジャック・ニクラウスなど、トッププロでもこのグリップを採用しているプロもいます。

オーバーラッピンググリップに比べて右手を使いやすいので、スライサーの方にもおすすめのグリップです。

【利点】

・右手主導でスイングしやすい
・両手の一体感が持てる
・手の小さい人でも握りやすい

【欠点】

・左手主導で打っていた人には向かない
・人によっては右手が強くなりすぎてしまう

テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

名前の通り10本の指で握り右手の小指は左手の上や間に重なることがありません。ベースボールグリップとも言われます。

一般的には力の弱い女性などにおすすめのグリップと言われていますが、このグリップに変えてから飛距離が伸びたという方やスライスが直ったという方もいますので、一度試してみる価値はあると思います。

関連記事:テンフィンガーグリップの本当の利点と欠点

【利点】

・右手、左手どちらが主導でも振りやすい
・小指をからめたり、重ねたりしないので、初心者の方には違和感が少ない
・飛距離が出やすい

【欠点】

・慣れないと一体感が持てない
・一般的なグリップではないので、お手本が少ない

どのグリップを使えばいいか?

さて、ここまで見てきましたが、結局のところどのグリップを使ったらいいのでしょうか?

僕は「このグリップがいいですよ」と1つのグリップを全てのゴルファーにすすめるつもりはありません。

ただ、タイプ別におすすめのグリップということで少しご紹介したいと思います。

【スライサーの方】 

スライスに悩んでいる方であれば、まず「インターロッキンググリップ」を試してみて、その上で「テンフィンガーグリップ」を試されてもいいのかも・・知れません。

オーバーラッピンググリップは右手の小指がグリップにかかっていないので、どうしても左手が強くなりやすくなります。

しかし、スライスを直すにはむしろ右手を積極的に使ってゆく方が効果的だと思うのです。

【フッカーの方】

フックに悩んでいる方におすすめなのは、「オーバーラッピンググリップ」です。ただし、他の2つのグリップが悪いわけではありません。「テンフィンガーグリップ」に変えたことで、フックが直った方もいます。

【女性の方、力が弱い方】

「テンフィンガーグリップ」がおすすめです。テンフィンガーグリップは力が入りやすく、飛距離も出やすい利点があります。

【初心者の方】

初心者の方であれば、3つとも試してみてもいいのかも・・知れません。それで自分が一番しっくりくるグリップを選ばれてもいいと思います。

後々グリップを変えるというのもいいと思うんです。トッププロでも、グリップを変える人もいます。

【一番のおすすめは?】

一番おすすめというのはないのですが、テンフィンガーグリップはどなたであっても一度は試してみる価値があると僕は思っています。

テンフィンガーグリップをすすめる人ってとても少ないと思います。

でも、小指をからめたり、重ねたりするのはやはり自然な形ではないと僕は思っていて、両手の10本の指をすべて使う形が自然のように感じています。

勿論、他の2つのグリップを否定するつもりはありません。そのグリップの方がよいショットが打てる方が大多数ですので。

ただ、他のグリップも試してみる価値はあると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。