ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

左手のグリップと親指の位置:ロングサムとショートサム

スイングをしていて、あれ?おかしいな、力が入らない気がする・・・そう思った時、その原因が左手の親指の位置にあることも・・・あります。

よく、ロングサムとか、ショートサムとか言われますが、サムとは親指のことです。ロング(長い)とかショート(短い)というのは、左手の親指がどの程度、グリップに沿って伸びているかを言っています。

ロングサムとショートサムにはそれぞれ特徴があって、たかが左手の親指の位置・・・なのですが、それがスイング全体に大きな影響を与えることもあります。

ロングサムとショートサムの形

簡単にご説明すると・・・左手の親指を縮めて握る形がショートサム、左手親指を長く伸ばして握る形がロングサムです。

下記はショートサムの例です。少し分かり難いかも・・知れませんが、後ほど紹介するロングサムに比べてそれほど親指が伸びていません。これはややショートサム・・・という形になるかも・・知れません。

プロの中にはもっとぐっと親指を縮める人もいますので・・。

ロングサムの場合、左手のグリップを握った時、親指が人差し指よりも下の位置に来る形になります。

下記がロングサムの例です。親指が上記に比べると、長くグリップに沿って伸びている形になっていると思います。

これはかなりわかりやすいロングサムだと思います。

それぞれの利点と欠点について

さて、これらの2つのグリップですが、それぞれに利点や欠点があると思います。

【ショートサム】

まず、ショートサムからですが、このタイプの握り方をすすめるプロであったり、レッスンプロも多くいらっしゃるようです。

一般的には、こちらのグリップの方がグリップとの一体感が出やすく、スイング中も緩みにくい・・と考える方も多いようです。

このグリップにすると、アドレスで構えた際にややハンドアップになりやすいという点が挙げられます。

勿論、ショートサムの方が合う方もいると思いますが、僕はこのグリップは基本的にはおすすめしていません。理由は先ほどの、1)ハンドアップになりやすいという点と、2)(握り方によっては・・)手首のコックが制限されることがあるという点です。

【ロングサム】

ロングサムは親指を長くグリップに沿って伸ばす握り方で、アドレスで構えた際にハンドダウンになりやすい・・・という点が挙げられます。

スライサーの方はハンドアップに構えるよりも、ロングサムにしてハンドダウン気味で構えた方が、スライスの改善には良いのではないかな・・・と僕は思っています。

また、ロングサムのもう1つの特徴ですが、手首のコックを使いやすい・・・という点があります。

飛距離をコントロールする必要のあるプロに比べて、アマチュアの方はもっと飛距離が必要だったりすると思うんです。

そう考えると、飛距離の出る(手首のコックを使いやすい)ロングサムの方が良いのではないかなと思います。

勿論、そのゴルファーによって違ってきますが、ロングサムの方が一般的には飛距離が出やすいグリップになると思います。

グリップの一体感・・・という意味ではショートサムの方が一体感がでやすいと指摘する専門家もいらっしゃいますが、ロングサムの方が安定して握れるという方もいます。

グリップの握り方に関してはもう星の数ほど・・色々な理論があって、ロングサムの方がプロや上級者向きだと指摘するプロもいますので、結局はどちらがいいか・・・ということよりは、どちらがご自分に合っているか・・・ということになってくるのかなと思います。

ただ、「どちらがいいですか?」と聞かれたら僕は、ロングサムの方がいいと思いますと答えると思います。

左手の親指でボールの球種を変える

ロングサムやショートサムを色々試される際、どうせ左手の親指に注目されるのであれば、もう1点、チェックしてみても面白いと思うことがあります。

それが左手親指の位置です。

伸ばすとか伸ばさないという意味の前後の位置ではなくて、今度は左右の位置です。

左手の親指の位置というのは、フェースの向きに対して大きな影響を与えます。この位置次第でスライスになったり、フックになったりすることもあります。

例えば、左手親指がシャフト(グリップ)の真上に来ていると基本的にウィークグリップになり、スライスが出やすくなります。

逆に、左手の親指をシャフトの真上よりもどんどん右に移動してゆくと、グリップはどんどんとフックグリップに近づき、スライスも改善されてゆくと思います。

個人差があると思いますので、やっぱり、この位置が誰にとっても正しい位置です・・・というのはないと思います。

自分にとっての正しい位置を見つけるには・・・左手の親指をシャフト(グリップ)の真上からどんどん右に移動させながら、その都度ボールを打ってみてもいいと思います。

そして球筋を見てみます。スライサーの方は思い切って、かなり右側に左手の親指がくるようにしてみても面白いと思います。

逆にフックする人は真ん中よりに左手親指を置くといいかも知れません。

そうしてまたショットを打って、微調整を繰り返してゆくことで、ご自分にあったグリップが見つかるのではないかなと思います。

左手の親指の位置を変えてもスライスやフックが直らないのは何故?

ここまで、ロングサムとショートサムについてお話させていただき、その後に左手の親指の左右の位置を変えることでスライスを改善したり、フックを改善する方法についてご紹介してきました。

こうやって、左手の親指をシャフトの中央から右へと移動させながら微調整を繰り返すことで、スライスがストレート系のボールになったり、ドローボールが打てるようになる方もいます。

ただ、中には左手の親指の位置を変えているにも関わらず、スライスが直らない・・・という方もいます。

何で直らないのかというと、それはやっぱり何かを間違えているからだと思うんです。

左手の親指の位置をシャフトの中央(真上)よりもどんどん右に移動させるということは、グリップはどんどんフックグリップになってゆく・・・という形になります。

すると、理論上はスライスが直るはず・・・です。

でも直らない・・・それは、きっと両手の位置が関係していると思うんです。

グリップをフックグリップにすればするほど、両手の位置はアドレスで構えた際、少しづつですが、左に移動する形になると思います。

つまり、フックグリップにするほどに、ハンドファーストに構える形になります。

もし、グリップをフックグリップに変えたのに、ハンドファーストになっていなければ・・・それはきっとフックグリップには変わっていないということだと思います。

だから、スライスも直らないのかも知れません。ハンドファーストに関してはハンドファーストの構え方でご紹介しておりますので、よろしければそちらを参照下さい。

フックグリップをスクウェアグリップやウィーク気味に変えることでフックを直したいという方はその逆をやる必要があります。

極端なハンドファーストの形のまま、グリップだけウィークにしてもそれは、グリップを変えたことにはならないと思うんです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。