ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

右手人差し指のトリガーの役割とは?

ゴルフではよく右手のトリガーなどと言われます。これは何を言っているかと言うと右手の人差し指の形のことを言っているわけですね。

トリガーとは銃の引き金のこと。ゴルフクラブを握る際、右手の人差し指がこの銃の引き金を引くような形になるためにそう呼ばれています。

何故人差し指を中指から離してグリップを握るのか?

でも、何故人差し指を引き金を引くような形にして、中指から離してグリップを握るのでしょうか?この右手の人差し指には何か役割があるのでしょうか?

その話をする前によかったら、ちょっとした実験をしてみませんか・・・?

まず、ボールペンを1本用意してください。そのボールペンを握ります。じゃんけんのグーのような形にして握ってください。ボールペンの芯を上に向けて握ります。

そのようにボールペンを握ったら、紙に四角と丸を描いてみてください。

・・・描き難かったと思います。次に同じようにボールペンを握ったら、右手の人差し指を中指から少し話して銃の引き金を引くような形にしてください。

ちょうどゴルフの右手のグリップのような形にしてみます。親指もちょっと動かしてみてもいいです。

この状態でまた紙に四角と丸を描いてみてください。

先ほどのグーの形よりは正確にというか、簡単に描けたと思うんです。

右手の人差し指でクラブフェースをコントロールする

右手の人差し指のトリガーの役割というのは、フェースやクラブを微妙にコントロールすることではないかなと、僕は思っています。

先ほどの実験ではないですが、ゴルフクラブでも右手の人差し指を中指から離さないで、右手をグーのような形にしてクラブを握ると、クラブのコントロールが突然のように難しくなります。

人差し指を中指から少し離し、引き金を引く形にすることでクラブを微妙にコントロールできるようになると思います。人差し指というのはすべての指の中で一番器用な指だと思うんです。

その指の器用さであったり、繊細な感覚をスイングに生かすには、右手の人差し指をトリガー(引き金)を引く形にしてあげることだと思います。

ドライバーやアイアンが左右へ曲がるのは右手の人差し指が原因でもご紹介しましたが、右手の人差し指のゆるみがショットが左右に曲がる原因になると指摘する専門家もいます。

↑の記事では、ボールが左右にブレだしたら、右手の人差し指に意識を少し持って行くことで、フェースコントロールが改善される・・・と申し上げましたが、本当にそうで、素振りでも右手の人差し指を少し意識してあげるのも効果的だと思います。

いつも記事をお読みいただき、ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。