ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

右手と左手の親指と人差し指のV字

レッスンプロなどがゴルフのグリップを見る時によく右手と左手、それぞれの親指と人差し指の間にできるV字がどこを向いているかをチェックします。

このV字がどこを指すべきかは両手の平は平行にでもご紹介しましたが、もう一度おさらいしてみたいと思います。

V字が指す方向とその基準について

【左手について】

左手の人差し指と親指の間にはV字のようなものができると思います。

そこに線が入っているような形になると思うのですが、この線が指す方向はあごから右肩の間になると思います。

考え方としてはこうです。

あごを指していれば、ゴルフスイング中にフェースが開きやすく、閉じにくい。そのため、フックで悩んでいる方はあごの方を指すように調整してみてもいいかも知れません。

もし、この線が右肩を指していると、クラブフェースはスイング中に閉じやすく、開き難いので、スライサーの方にはおすすめです。

ですが、あごを指すのも右肩を指すのもかなり極端なケースになります。

ですから、スライサーの方であれば、右耳を指すようにしてボールを打ってみて、それでもスライスするようであれば、徐々に左手を右に回転させていって、右耳→右肩の方向に少しずつ調整してみるといいと思います。

フッカーの方はその逆。徐々にあごの近くを指すように調整してみるといいと思います。

結局、このV字はどこを指すのが正解というものはなく、その方の球筋や直したい欠点に合わせて変わってくると思います。

ただ、このV字を調整してゆくことで球筋も変わってゆくので、調整してみるのも楽しいと思います。

【右手について】

今度は右手です。

基本的な考え方としては、左手の人差し指と親指の間でできたV字線と平行になるように右手のV字線も調節してゆきます。

左手がよくても右手がかぶっている方もいますから、両手の平は平行にでご紹介したグリップの方法も試しながら、右手のグリップを作ってゆくのがよいと思います。

人差し指と親指は離れていても大丈夫ですか?

このV字ですが、僕は右手の親指と人差し指があまり離れてUの字のようになっているものはあまりおすすめできません。

ここがあまり離れているとスイング中にクラブがぶれることがあるからです。

また、右手の親指と人差し指が離れてU字のようになってしまうと、右手の親指が必要以上にグリップの中央(真上)よりも左に置かれる形になると思いますが、これをやり過ぎてしまうとスライスが出やすくなりますので、やはりおすすめできません。

左手に関しては親指の付け根の部分が少しくっついていればOKで、右手ほどピッタリとくっついている必要はないと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。