ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

左手と右手のグリップの握り方とチェック方法

左手と右手のグリップ。

ゴルフスイングもショットも、このグリップの握り方1つで変わってくると思うんです。

グリップに注意されている方の多くは、恐らく左手を気にされていると思います(右利きの方の場合)。グリップはまず左手から握るわけですから当たり前といえば当たり前ですが、右手が問題になっているケースも多いように思います。

左右のグリップを簡単にチェックする

時に右手が左手のグリップの邪魔をすることがあります。勿論、その逆だってあるわけですが、今回はティーを2本使って簡単にグリップをチェックする方法についてご紹介したいと思います。

①ティーを2本用意する
②グリップをする際、左手の人差し指と親指の付け根にできる谷間にティーを1本挟んでください。ちょうどVの字ができる部分でティーを挟みます
③右手も同じようにしてティーを挟みます

この状態で両手のグリップを完成させてみます。
今回はチェックのために、両手の間隔をいつもより離しても構いません。

いつも通りアドレスをとったら、その時、2本のティーが指す方向をチェックします。

左手のティーはやや右を向いているのに、右手のティーは左を向いている・・・といった場合は右手が左手の動きを邪魔していることになります。(スライスや引っ掛け、チーピンなどの原因にもなります)

コツとしてはこの2本のティーが同じような方向を指していて、平行になるように右手と左手のグリップを握ることだと思います。

これについてはグリップの握り方:両手の平は平行にでも詳しくご紹介しておりますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

スライスやフックを直すには

もし、スライスに悩んでいらっしゃるのなら、この2本のティーが今よりも右方向を向くように両手のグリップを全体的に右へと回転させてみて下さい。

逆にフックに悩んでいらっしゃるようなら、2本のティーを今の位置よりもやや左に向くようにグリップを調節してゆくといいかも知れません。

練習場ではまず極端に位置を変えてみるといいと思います。そこから少しずつ位置を調節してゆくと良いと思います。

ショットを打っては少し調節して・・・ということを繰り返してゆくうちに、どの位置が自分にとって良いのかがわかってくると思います。

ただ、1つの基準としておおよそこの程度に握るといいというものを右手と左手の親指と人差し指のV字で掲載しておりますので、よかったら参考にしていただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。