ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

右手グリップの握り方が球筋を変える

グリップの握り方次第でゴルフスイングは大きく変わります。ゴルフスイングを良くするのも、悪くするのもグリップの握り方次第といっても過言ではないのかも・・知れません。

今回は右手のグリップに絞ってお話したいと思います。左手のグリップに関しては、ゴルフ基礎編グリップや下記のページでご紹介させていただいていますので、よかったら参考になさってください。

グリップの握り方の基本~スライスやフックが出る仕組み
左手の3本指でグリップの良し悪しが決まってしまう
左手のグリップと親指の位置:ロングサムとショートサム
左手のこぶしの山で正しいグリップをチェックする

右手グリップの握り方をチェックする

両手の平は平行にでもご紹介させていただいたように両手のグリップは平行になるように握ることが大切です。平行に・・・といっても分かり難いかも知れません。

そんな時は一度グリップを両手で握ってみます。次に、両手をじゃんけんのパーのようにして開いてください。ゴルフクラブは地面に落とします。この時、両手の甲の位置や角度を変えずに指を開きます。

もし、右手の平が左手にかぶさるようになっていると、せっかく正しい左手のグリップが出来ていても、右手がそれを殺してしまうことになります・・。

右手グリップだけがウィークグリップだと・・・

先ほどの続きですが、左手のグリップが自分にとって正しく出来ているのに右手が正しく握れていない場合、どんなことが起こるのでしょうか・・・?

右手が左手に対してかぶっているような状態の場合は(右手だけウィークグリップの場合は)、左手をいくらフックグリップに握っても、クラブフェースはスイング中にどうしても開きやすくなってしまいます・・。

例えば、左手がご自分にとってスクウェアグリップだったとして、右手だけフックグリップにした場合、クラブフェースはスイング中に閉じやすくなり、フックボールが出やすくなります。

左手のグリップも重要ですが、右手のグリップの握り方というのも球筋に大きく影響を与えるものだと思います。

左手のグリップだけは入念にチェックして、右手のグリップが疎かになっていた・・・ということもありますので、スライスやフックを直す時も右手の握り方を確認することは大切なことだと思います。

プロの中には、これは稀なケースですが、ここぞという時、飛ばしたいと思った時に右手だけいつもよりも若干フック気味に握って、ドローボールを打つ・・・という方もいます。

僕はラウンド中にそのように握り方を突然変えるようなことはできませんが、それだけ右手のグリップというのは球筋に影響を与えるということだと思います。

ラウンド中にいきなり右手のグリップを変えてみたりすることはあまりおすすめできませんが・・・ただ、練習場なら、色々試してみる価値はあると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。