ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ストロンググリップで飛距離は伸びるのか?

僕は今までグリップについてしつこい位に(笑)・・・お話してきました。

特にこだわって書いてきたのがストロンググリップフックグリップ)です。特にスライスや飛距離不足に悩んでいるゴルファーの方はグリップに多くの原因があるように思います。

でも、そういう方に限ってグリップについてはあまり注意されていなかったり・・・します。

僕は、未だかつて100を切れないゴルファーの方で(その方にとって)最適のグリップでクラブを握っている人を見たことがありません。

逆に言うと、ご自分にとって正しいグリップを身に付ければ、100を切るのは簡単になるのかも・・・知れません。

ストロンググリップは飛ぶグリップですか?

ストロンググリップにすることは、飛距離を伸ばすことと関係があるのでしょうか?ストロンググリップは必須でしょうか?世界中で有名なゴルフレッスンプロ達はどう考えているのでしょうか?

以前、フィル・ミケルソンのコーチでもあったリック・スミスはこんな発言をしています:

It's necessary as long as the clubface is not excessively shut at impact. A left hand left of neutral on the club handle [i.e., a weak grip] promotes a slow action and does not generate distance. You won't have much clubhead speed if the "V" created by the thumb and forefinger of your left hand at address is going to the left of your chin. [Reference:Get a grip on distance - proper grip is key to good strokes golfdigest april 99]

ストロンググリップはインパクトでクローズになりすぎていない限り(飛距離を伸ばすという意味では)必要です。ウィークグリップは飛距離につながることはありません。左手の親指と人差し指で出来る「V字」があごよりも左を指しているとヘッドスピードを上げることはできないのです。

彼はヘッドスピードを上げ、飛距離を伸ばすためにはフィンガー・グリップで握る必要があり、左手の人差し指と親指の間にできるV字は右の耳と右肩の間を指すようにすべきだと助言しています。

LPGAツアーで26勝を挙げ、賞金女王にも2度輝いたことのあるジュディー・ランキンは:

strong grip is helpful. I think there are exceptions to the rule -- people who can be very long without a strong grip -- but most often, and particularly for the recreational golfer, it's a big plus. [Reference:Get a grip on distance - proper grip is key to good strokes golfdigest april 99]

ストロンググリップは(飛距離を伸ばす上で)役に立ちます。中にはストロンググリップを使わないロングヒッターもいますが、殆どの場合、特に一般的なアマチュアにとっては大きな(飛距離の)プラスになります。

彼女はその理由について、ストロンググリップにすることでゴルフスイング中の左手のポジションが安定することやトップで正しいポジションにゴルフクラブを持ってゆくための左腕のローテーション(回転)がナチュラルグリップに比べて少なくて済む・・・といったことも指摘しています。

今までスライスばかりだった方が正しいストロンググリップを身につけることでインパクトでの感覚が驚くほどに(芯を食った感覚に)変わったという感想を口にされることはよくあります。

飛距離が飛躍的に伸びる理由の1つはインパクトでのロフト角

ストロンググリップ(フックグリップ)にすることで飛距離が飛躍的に伸びることがあります。それは何故かというと、ロフト角が関係してると思うんです。

グリップがウィークグリップになっていると、インパクトでフェースが開きやすくなります。フェースが開くということは、イコール、ロフト角が増えるということですから、ボールにはバックスピンが増え、球も高く上がりますから、飛距離は落ちます。

また、このグリップでフェースをスクウェアにすることができてもストロンググリップに比べるとやはり飛距離は落ちます。

ストロンググリップがしっかりできているということは、アドレス、それから、インパクトでもハンドファーストの形ができているということになります。

アイアンなどの場合、ハンドファーストで球を打つということは、シャフトもターゲット方向にインパクトで傾いていると思うんです。これはどういうことかというと、ロフトがインパクトで立っている・・・ということです。

プロのアイアンショットのインパクトなどはまさにこの形です。ダウンブローでクラブヘッドが最下点に達する前にボールを打っています。

ところが、アマチュアを対象に行われた調査ではアマチュアはアイアンをクラブヘッドの最下点かその後でボールを打っていることがわかっています。これは、ボールをすくい上げている・・・という証拠です。

すくい上げるとロフト角も増えますから、飛距離は落ちる・・・というわけです。

きちんとしたグリップを身に付けると飛距離は飛躍的に伸びます。特に以前、ウィークグリップだった方は、大きく飛距離を伸ばす可能性があると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。