ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

左手のウィークグリップと右手のストロンググリップ

「1つの完璧なグリップなど存在しない」

・・・タイガー・ウッズのコーチを務めるなど長年に渡ってゴルフレッスンプロとして活躍してきたブッチ・ハーモンはある時そう思ったそうです。

グリップがウィークだとかストロングだとか言う場合、左手の親指と人差し指でできた「V字」がどこを指しているかを確認したりします。

このV字がタイガー・ウッズの場合は右耳から右肩の間、ベン・ホーガンはあごを指していた・・・とハーモンは分析します。

僕もこの世の中に完璧な1つのグリップ方法などは存在しないと思っています。

ただ、どんなグリップにも共通するポイントがいくつかあると思うんです。

その1つが右手と左手が平行になるようにグリップを握ること・・・です。( グリップの握り方:両手の平は平行に参照)

どちらか片方の手がストロングでもう片方がウィーク・・・そんなケースもあります。

ブッチ・ハーモンに言わせると、左手がウィークで右手がストロングになっている間違いが一番多いのだそうです。

このケースだと、手首のコックを十分に活かすことが出来ずに、ダウンスイングでもスピードがでないのだそうです。

この場合は、左手のグリップをもう少し右方向に回転させてから握り直します。

左手のこぶしの山が2個半から3個程度見えるように調整してゆくといいかも知れません。

右手のグリップは左手とは逆方向に調整してゆきます。

その逆のパターンもあります

勿論、このグリップの逆、左手がストロングで右手がウィークグリップというケースもあると思いますし、人によって様々なパターンがあると思います。

ですが、1つ言えることは、左手がしっかり握れていたからといって、右手が正しく握れているとは限らないと思っていた方がよいということ・・・です。

ある女性ゴルファーがいました。彼女は、スライスに悩んでいました。彼女の左手はスクウェアグリップでした。だから、彼女はグリップは気にしていなかったそうです。

ところが、グリップを見させてもらうと、右手をかぶせて握っていたのです。(右手をかぶせるとスライスする!も参照)彼女は右手のウィークグリップを直すことで、スライスを克服しました。

こうやって、左右のグリップをチェックしていって、問題点を探すのは僕はとても楽しいことだと思っています。

グリップというのは握り方を変えれば、それなりに結果が出ます。だからわかりやすい。間違っていれば、打ったボールが大抵教えてくれますから・・。

今回は右手と左手で握り方が違うパターンをご紹介させていただきましたが、一般的なことを言わせていただけば、やはり、どちらの手もウィークグリップとか、フックグリップということが多いような気がしています。

グリップに関してはゴルフ基礎編グリップにて色々な記事をご紹介していますので、そちらも参考になさってください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。