ホーム > ゴルフ基礎編 >
ゴルフ基礎編

ゴルフスイングのフォームよりもグリップが大切な理由

ゴルフスイングというと、フォームが大切だと・・・言われることが多いと思うんです。

僕もそう思っていたんです。スイングのフォームを1つ1つ確認したり、スイングを分解してみて、その形が何故プロのそれと違うのか・・・そんなことで悩んでいたこともあります。

でも、僕はフォームを改善しようとして、本当の意味で上達したことは結局ありませんでした。勿論、フォームも大切なことだと思うんです。

ただ、フォームは結果であることが多いことにようやく気づいたんです

ミスの原因の9割はグリップかスタンス

伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ぺニック (1904-1995)は自身の著書の中で、こんなことを指摘しています:

アマチュアのゴルフスイングに問題があるとすれば、それは9割の確率でグリップかスタンスに問題がある。(ハーヴィー・ぺニック)

これはペニック氏も言っていたことですが、グリップやスタンスの間違いから来る「症状」は信じられないほど、多岐にわたります。

ゴルフスイングのアドバイスをする際(プロでもアマチュアでも)、一番簡単なのがこの「症状」そのものを改善しようとすること・・・だと思うんです。

しかし、ゴルフスイングは風邪と違って、免疫の力で自然と治ったりはしません。原因はいつまでもそこにあるのに、症状だけを治しても意味はないと僕はやっと気づきました。

僕は、スイングプレーンがアップライトすぎて(この場合、スライスを打ちやすくなります)悩んでいたことがあります。プロのゴルフスイングの写真と自分の写真とを比べてみると、その違いは歴然としていました。

しかし、意識してゴルフスイングの軌道を変えてみると、今度は全く飛ばなくなってしまいました。

何故だろう・・・とずっと悩んでいたのです。

それから少ししてグリップを変えました。すると、スイングプレーンが何も意識していないのに、変わったんです。アップライト過ぎたものが少しフラットなものに変わりました。

スイングのプレーンや軌道って、グリップが作っていたのだと、その時やっと気づいたんです。

スイングの軌道というものはグリップが作るもの

これはタイガー・ウッズなどトッププロも語っていることですが、ゴルフスイングというものはグリップやアドレス、ボールの位置といったスイングをはじめる前の段階の要素によって大きく左右されます。

グリップには大きく、ウィークグリップスクウェアグリップフックグリップに分かれます。今回はウィークグリップとフックグリップの場合、スイングのポジションにどんな影響を与えるのかについて少しご紹介させていただきたいと思います。

繰り返しますが、これらは間違ったグリップが作り出した「症状」ですから、これらを直接直そうと思っても、まずうまくはいきません。直すにはまず、グリップそのものを直す必要があると思うんです。

ただ、下記の「症状」を見てご自分に当てはまることがあれば、自分のグリップがどっちのタイプなのかがお分かりになると思います。

【ウィークグリップ】

・テークバック時にクラブを極端にインサイドに引きやすくなる
・トップの位置でシャフトが左を向きやすい
・スイングそのものがアップライトになりやすい(縦振りということです)
・バックスイングの途中、左腕が地面と平行になるポジションでシャフトが寝やすい
・トップの位置で、フェースが正面を向きやすい(開いているということになります)
・ダウンスイングでアウトサイドから振りやすい

僕は一時、バックスイングの途中の位置、左腕が地面と平行になるポジションで自分のアイアンのシャフトがかなり寝ていた時期がありました。

プロのスイングのフォームを見ると、この位置ではもっとシャフトが立っているのですが、この位置でシャフトが寝ているということは、フェースはかなり開いていることになります。

この位置を無理矢理、振り方を変えて直そうとしても、シャフトをもっと立てることはできても、飛距離がどんどん落ちてゆきました。

このシャフトが寝ていた問題の本当の原因は振り方そのものではなくて、グリップにあったんです。

【フックグリップ】

・テークバックでクラブを外側に上げやすい
・ダウンスイングでインサイドから振りやすい
・バックスイングで左腕が地面と平行になるポジションでシャフトが立ちやすい
・トップの位置で、シャフトが右を向きやすい(クロスしやすい)
・トップの位置でフェースが上を向きやすい(フェースが閉じやすい)

このようにグリップによってスイングの軌道、クラブシャフトの位置、フェースの向きなどは大きく左右されます。もともとウィークグリップで握っていた方のゴルフスイングのフォームが、フックグリップに変えた途端に見違えるようになった・・・ということはよくある話です。

でも、どうしても、ゴルフスイングそのものをいじりたくなるものだと思います・・。

ちょっといじると効果があったりします。(でも長続きはしないと思います)それにグリップを変えるのは面倒だし、どうしていいかわからない。

アドレスの姿勢なんて、このままでいいでしょう・・・なんて、つい思ってしまいます・・。

でも僕は、グリップやアドレス、ボールの位置を見直さないで本当の意味で上達した人を見たことがありません。飛距離を大きく伸ばした人でグリップを見直さなかった人も見たことがありません。

ゴルフスイングのフォームというのはどちらかというと受け身のようなものかも知れません。フォームは作るというよりも、作られるものだと僕は思うんです。

勿論、プロがスイングのフォーム改造に取り組んでいるという話はよく聞きます。でも、そういったプロでもグリップやアドレス、ボールの位置からはじめています。アマチュアだって同じことをしてもいいのではないかなと・・・僕は思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。