ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

フックボールを直そうとグリップをウィークにしたらスライスが出た

球筋を変えるというか、例えば、スライスであったり、フックボールを矯正しようと思った時に一番最初に取り掛かるべきなのは、やはりグリップだと思うんです。

ここを変えずに何をやっても結局は一時的な効果しか得ることはできないと僕は思うんです。

一般的にはフックが出ている場合は、今よりもウィークグリップ気味に握ることでフックが直ることが多く、逆にスライスを直すには、グリップをフックグリップに変えます。

ところが、例えば、フックを直そうとして、グリップを少しだけウィーク気味にした途端にスライスが出始めたり、プッシュアウト系の弱々しいスライスが出たりすることがあります。

そのボールを見て、「あれ?グリップは間違っていないのかな?」・・・と思うことがありますが、その前に確認しておきたいことがあるんです。

右手の握り方に問題があったフッカーの話

僕の知っている方でフックばかりを打っている方がいました。彼女はグリップが原因ではないかと思い、左手と右手のグリップを少しウィーク気味にして握るようにしていました。

ところが、今度はプッシュアウト系のスライスがよく出るようになりました。それを無理に直そうとするとチーピンが出るようになったのです。

そこで、彼女のグリップを見せてもらいました。以前のように握ってもらって、グリップをチェックしてみると、左手は左手のこぶしの山が2個から2個半見せる程度のいわゆる、スクウェアグリップでした。

ところが、右手がひどいストロンググリップだったのです。

右手をグリップの下側から握っているような極端なストロンググリップ。これがフックの原因だと感じた僕は、左手のグリップはそのままにしておいて、右手のグリップだけほんの少し左に回転させてもらいました。

最初は右手の人差し指と親指でできるVの字が右肩を指すようにしてもらいました。この状態で彼女にボールを打ってもらうと、大きく曲がるフックボールが軽いフックボールに変わりました。

右手のグリップだけを変えるということに違和感を感じていた彼女がこのグリップに慣れてきたら、今度はボールが少しだけ曲がるドローボールになるまで、右手を少しづつ左に回転させるようにしてもらったのです。

今、彼女は綺麗なドローボールを打っています。

このように、どちらかのグリップだけを直せば、問題が解決するというケースもよくあります。

左手のグリップを見てそれで間違っていなければ、右手のグリップを確認しない方もいますが、問題は右手にある場合もあります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。