ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

振り遅れとプッシュアウト・スライス

ダウンスイングで体が左に流れてしまうと、インパクトでグリップ(手)の位置がアドレスの時の位置よりも左に出てしまいます。

アドレスをとった状態で手の位置を前に移動させるとわかると思いますが、手が左に突っ込んでしまうとフェースが開きます。そのため、スライスが出やすくなります。

ヘッドも振り遅れてしまうので、スライスに加えて、プッシュアウトが出たり、プッシュアウトスライスが出たりします。

体が左に流れる原因については、スウェイの原因と直し方でもご紹介したとおりですが、他にも色々な理由があります。

単純に打ち急いでいる場合もあるでしょうし、ビハインド・ザ・ボールで飛距離を伸ばすでもご紹介したとおり、フィニッシュ(フォロースルー)を意識しすぎている場合もあります。

色々理由はあると思いますが、右足のかかとを意識してあげることで、振り遅れが原因のスライスが直る場合もあります。

右足のかかとを上げない

右足のかかとがダウンスイングの早い段階で浮き上がってしまうと、体が左に流れてしまうことがあります。特にスウェイが癖のようになっている方の場合は、練習で右足のかかとを上げないようにしてあげると、体が左に流れてしまうことを防止することができます。

やり方は簡単です。素振りをする時に、右足をべた足にして振ります。右足のかかとを上げるのはインパクトの後にします。

イメージとしては、体を早く動かすのではなくて、ヘッドを走らせる感じ・・です。

僕は右足のべた足をすすめているわけではありません。

しかし、インパクトで右足のかかとが上がり過ぎてしまうと、体が開いて振り遅れやすくなります。

この練習は振り遅れを直すためのものですので、振り遅れが直ったら、右足のかかとを上げないように意識する必要はありません。

右ひざを左に流さないで打つ

上記ではプッシュアウトスライスを直す1つの方法として、右足のかかとに注目しましたが、次は右ひざに注目してみたいと思います。

振り遅れて、フェースが開く・・・これはダウンスイングで体がターゲット方向に突っ込んだ時によく起こります。

特に飛ばそうと思ったり、力を入れようとして、タイミングが狂った時などはそうなりやすいかも知れません。

しかし、ダウンスイングで下半身や上半身が突っ込んでしまう、もしくは左に流れてしまうと、フェースを閉じる、ターンさせる時間やスペースがなくなり、インパクトではどうしてもフェースが開いてしまうのです。

プッシュアウト・スライスを直すには、体をボールよりも右に保ったまま、つまり、ビハインド・ザ・ボールの状態でインパクトする必要があります。

その1つの方法として右ひざを意識する・・・というやり方があります。

具体的にはアドレスでの右ひざの位置より左に右ひざを流さない意識でダウンスイングをします。

プッシュアウトスライスを打っている方は、体が一生懸命に回転していても、手や腕がうまく振れていないので、右ひざを左に流さないように意識すると、体の回転が止まっているかのように感じられるかも知れません。

でも、それが手や腕を振るスペースを与えてくれ、フェースをダウンスイングで閉じてゆくことができるようになります。

ただ、実際には右ひざの位置というのはインパクトでアドレスの位置よりも左に移動するものです。

でも意識の中であまり左に右ひざを動かさないようにしてみると、腕や手が振りやすくなると思います。

打ち急いでプッシュアウト・スライスが出るようなら

打ち急いでしまうことでプッシュアウト・スライスが出るケースもあります。

打ち急いでしまうというか、ボールの行方が気になってしまってしまうというか・・・そうなるとルックアップにつながってしまうことがあります。

ルックアップすると何が問題かというと、体がもしくは胸がインパクトで開きすぎてしまって・・・それはイコール、クラブフェースも開きやすくなるということでもあるので、プッシュアウト・スライスにつながったりします。

これを直すには、ルックアップしないようにすること・・・なのですが、ルックアップしないでくださいといっても、それを実践するのはその言葉だけでは難しいかも・・・知れません。

そんな時にできることの1つが胸の向きを意識する・・・ということです。

具体的にはダウンスイングからインパクトにかけて、できるだけ胸がボールよりも右を向いているように意識すること、インパクトではボールのやや右かボールの方向を胸が向いているように意識すること・・・です。

ルックアップしてしまうと・・・インパクトで胸がボールよりも大きく左(ターゲット方向)を向いてしまう(開いてしまう)傾向があり、クラブフェースもそれに伴って開きやすくなります。

ですので、インパクト、もしくはインパクト前後で胸をボール方向、もしくはボールよりも若干右を向いているような意識で振り抜いてみるのもプッシュアウト・スライスを直す良い方法かと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。