ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

振り遅れの原因と直し方

ゴルフボールは動かないのに「振り遅れ」が出てしまう原因は何でしょう・・?
動いているボールを打つ野球やテニスなどでは分かりますが・・・。

例えば野球ではタイミングの問題かも知れません。

しかし、ゴルフではタイミングが振り遅れの原因となっているケースよりも他が原因の場合が圧倒的に多いのかも知れません。

4つの要因

プロとアマチュアでは振り遅れの原因が全く違う場合があります。プロはテンポ(またはタイミング)のブレがその理由であることが多いのに対してアマチュアの場合は:

①グリップの間違い(フェースコントロールができない)詳しくはゴルフ基礎編
②アドレスのミス
③体重移動が出来ていない(リバースピボットなど)
④ゴルフスイングに何かしらの欠点がある

・・・といったことが多いように思います。

今回はフェースコントロールに限ってお話をさせていただきたいと思います。

インパクトでは「ヘッドが返らない」という表現をよく聞きますが、フェースが閉じながら降りてくればヘッドは自然に返るものです。ですから、「ヘッド」を意識するよりも「フェース」に気をつけなければいけないと思います。

「ヘッドが手を追い越すように振る」

・・・もし、インパクトの直前でこれを忠実にこなしてしまったら、ボールは左に飛んでしまいます。振り遅れ解消ですか?一時的にはそう見えるかも知れません。

しかし、この方法はパワーをインパクトの前に使ってしまい飛距離が落ちてしまいます。スライスも出るかも知れません・・。

例えば、ゴルフバックなどでもいいですが、何か重いものをゴルフクラブで押してみてください。普段通りにアドレスをとり、ボールの代わりにゴルフバックを置きます。ご自宅で試すなら、食卓などの足の部分でも結構です。

ヘッドが手を追い越した状態でパワーを伝えるのは難しくはないでしょうか・・・?

両手の位置が前、もしくはクラブヘッドと同じ位の位置の方が力が入るはずです。ではそのままの体勢で今度は少し変わったことをしてみます。

今度は食卓の足の部分を同じようにゴルフクラブで押しますが、フェースを思いっきり開いた(ご自分のスタンスに対して)状態で力を入れて押してみて下さい。

両手がかなり前に出てしまいませんか。

逆に今後はフェースを閉じてやってみると両手が引っ込む(クラブヘッドと同じ位置辺り)と思います。

インパクトでクラブヘッドが必要以上に遅れて入ってくることもフェースの向きが変わるだけで改善する場合もあるのです。

手が左にずれて振り遅れる

飛ばそうとすると振り遅れてスライスやプッシュアウト系のスライスが出ることがあります。これを嫌がるとチーピンが出たり・・・。

飛ばそうとすればするほど、スライスが出てしまう理由は手の位置がインパクトでアドレスよりもかなり左にずれてしまうことが原因のようです。

アドレスの状態で手(グリップ)をターゲット方向に出してみてください。フェースは開くと思います。これがスライスの原因にもなります。

じゃあなんでそうなるかと言うと、飛ばそうとするあまり、手を速く振ってしまって、クラブヘッドが遅れてしまうから・・・なのかも知れません。

プロでもこんなことがあるかも知れませんが、スイングスピードを上げようとすると、どうしても手や腕に力が入ります。

そうやって手に意識が行ってしまうと、手を速く振ろうとしてしまって、クラブヘッドが疎かになります。これが振り遅れにつながる・・・というわけです。

じゃあ、どうすればいいかというと、飛ばそうと思った時ほど、意識をクラブヘッドに持って行く、クラブフェースに意識を持って行くべきだと思うんです。

速くスイングする・・・というと、腕や手に意識が行きますが、ヘッドを速く振ろうと考えると振り遅れも改善されてくるのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。